ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

少子化

少子化対策つづき4

 

ブログをはじめて最初にコメントを下さった知り合いの女性企業家の最近のブログに、こんな記事を見つけました。

働く母親が多いのになぜアメリカは出生率が高いのか!?

育児休業制度の充実や、経済負担の軽減よりも、男性(夫)の「共に家事・育児を」という姿勢が女性が子供を産み育てるモチベーションとして有効なのでは・・とおっしゃっています。

84fcb2ea.JPGたしかに、日本人の男性たちは、あまり家事・育児を分担しません。また、シャイだからか、家事や育児の能力があること、やっていることを自分のプラス評価としてアピールしません。

逆に自分の着替えの場所すらわからない無能ぶりを、妻の優秀さや夫婦円満度に置き換えて自慢する方もあるくらいです。

プライベートな夫婦の関係なら本人が納得していればそれでもいいのでしょうが、この論理が企業内や社会で多数派となると、大いに問題です。

実際、子供の世話以上に夫の世話に手を焼く主婦を私は何人も知っています。

実は、1.25人+1人(夫)の育児を日本の女性は担当しているのかも知れません!!

私が最近感じるのは、本当の意味での成熟した自立した重みのある大人が少ないということ。

幼い子供たちや妊婦さん、あるいは年齢を積み重ねた高齢者たちを大切にする本当の大人、またそんな社員を大切にする企業、そんな大人たちが増えれば、自然と出生率は回復するだろうし、自己中心的な子供じみた大人が増え続ければ、子供を産み育てることは減少を続けるだろうな〜

まだ、十分表現できていませんが、また、次回つづけます・・・

 

少子化対策5

地元選出のある国会議員さんとどこかの会合で名刺交換させていただいてから、その議員さんからのメルマガが定期的に届きます。いろんな法案についての活動報告がされていて、関心のあるテーマのときは結構おもしろく拝見jしています。今日は、「高齢化と少子化」。

少子化問題については、私も一応2人を出産(2.0クリア)した身だし、仕事で企業の両立支援に関わっていることから、非常に関心があります。

働く女性が増えたのに両立できる環境が整ってないとか、子育てにお金がかかるとか、原因はあれこれ言われますが、「より根本的には、家庭における子供の役割、つまりその存在意義が近年大きく変化したことが影響しています。」と彼のメルマガは主張しています。

私流に解釈すれば、根本的にこの世に生まれ与えられた自分の命を全うする中で、家族・子孫を増やし育むことの意義を見直し、子育ての楽しさをもっと味わおう! っていう価値観が大切だということです。

ほんと、子育てはしんどいけれど、自分の思うままにならないけれど、丸ごと受け入れてあげられる存在ってイイもんです。

まだ、完了とは行かず、現在も進行形ですが、この年になると、仕事の足かせよりむしろ励みになってる感じです。

プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ