ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と各々マイペースで暮らしています。

中小企業支援

どんな国になりたいのか、どんな国を目指すのか?

一国の政治を、企業の経営に例えて考えることが、適切かどうかは自信がないが、19日深夜の参議院本会議の中継を見ていて、中小企業診断士としての自分が感じたことをメモしておこうと思う。

=============================================

社長(安倍首相)は、自社を「再び世界の中心で輝く国」にするため、そして「積極的平和主義」の名の下、他国(競合企業)に対する抑止力(競争力)を高めるため、最大手の得意先(米国)との取引関係を強化することを、トップダウンでかなり強硬に決定しました。
このことについて、個人的には次のような疑問と問題点を感じています。

1.目指す姿が明確になっていない・社員(国民)と共有できていない

 わが社長は、「再び世界の中心で輝く国」をビジョンとして示していますが、何を強みにどう輝くのか、目指す方向がイマイチ明確ではありません。わざと曖昧にしているのかも知れませんが。経済、軍事力、文化、スポーツ、国際貢献…輝き方は多様ですが、いずれにしてもトップがビジョンを明確にし、社員(国民)が理解し共有する必要があります。これは、一番大事なことです。
 (経済力の復活、軍事力・抑止力の強化以外に、ビジョンがハッキリしていないように感じられます。具体策から類推すると、経済大国、軍事大国を目指すのかと社員は思ってしまいます。)

 ※ちょっと脱線しますが、2020年オリンピックに関して起きている種々の問題も、目指す姿が明確になっていないことが原因なのではと思います。

2.外部環境の分析が一面的
 近隣国の脅威に気をとられるあまり、国際情勢をもっと大きな(地理的・歴史的)視点で俯瞰して自国の立ち位置を捉えることが十分ではないように感じます。最大手取引先との関係を強化することや、近隣の競合に負けないことが中心になりすぎていますが、もっと大きな視野で、大手取引先を分析したり、地球規模の市場ニーズを分析したりということが必要な気がします。変化のスピードの認識も不足かも。

 ※これまた脱線ですが、女性の活躍推進が諸外国に比べて遅れているのも同様の原因かと思います。

3.自社の強みの認識
 自社の最大の強み(平和憲法)についての認識が十分ではないように思います。実は、この強みは自社固有のものではないのだと言いたげですが、外部から見ると脅威にも感じられる自社の強みに(当たり前過ぎて)社内では意外と気づいていないことが多いものです。また、人材(国民)についても、外部評価の方が高いかも知れません。

4.戦略のもたらす影響
 このような状況で戦略(今回の法案)を策定する企業は、通常、決していい企業、成長が期待できる企業とはいい難いと感じます。いったいどんな影響をもたらすでしょうか。

 ー勸のモチベーションが上がらない(維持できない)
    多くの世論調査(社員アンケート)に現れています。もちろん、社長派の社員も居るわけですが、社長の方針に疑問をもっている社員が相当数います。社員満足のない会社が伸びないのと同様、結果として、社員の力が十分発揮できず、本来の強み(人材)さえ失いかねません。
  
 ⊆莪先、競合企業など外部からの厳しい評価
    何でも言うことをきく「便利な下請け先のような存在」として一定評価されるが、自らの意思で顧客開拓する力が育たず、アジア諸国のリーダーとして、さらには世界の中心で輝く国として評価されることは難しいと思います。
    何より、意思決定の方法や、戦略の方向性において、経営理念(憲法)を守ることに忠実でない国(企業)の企業体質について、社会の評価は厳しくなると思います。


5.社員として取り組むべきこと

  そうは言っても、簡単にこの会社を辞める訳にはいかないのが大半の社員の宿命です。
  しかし、今回の件が、国会(幹部会議?)の惨状も含めて、これまで自社のビジョンや戦略に無関心だった社員層が、考えるきっかけになったのであれば、これは大きな収穫です。
  単に、「給料上げろ」的な要求ばかりではなく、取引先、競合相手の変化を自らもしっかり見つめながら、自社のビジョンを仲間と語り考え、どんな会社を目指すのか、どんな会社でありたいのか、トップダウンの戦略に時にNOが言える(社員は株主でもあるので)よう、ボトムアップの社内活動を継続することが、自分自身の為すべきことだと再認識しました。

子宝率の高い企業とこれからの働き方

日経ビジネス3/9号の特集記事を興味深く読んだ。

ここでは、少子化問題の議論によく使われる「合計特殊出生率」(ひとりの女性が生涯に出産する子どもの数の平均値)に代わって、「企業子宝率」(従業員が企業に在籍中に持つことが見込まれる子どもの数)で、企業の働きやすさ、子育てとの両立のしやすさを論じている。子宝率の算出は、女性だけでなく男性従業員も対象になることから、少子化の問題を男女合わせて社会全体で見ようという意味合いもある。

ちょっと荒っぽくポイントをあげると、
・企業の規模が大きいほど子宝率が低くなっている
・育休などの制度が整っているとされるWLB先進企業ても(大企業に多いが)子宝率は上がらない
・東京本社の企業よりも、地方にある企業の方が子宝率が高い
・業種別では、「医療・福祉・介護」業界と「建設業」で他の業種より子宝率が高い


考察としては、
・長時間勤務で通勤時間も長く、家事や子育てにほとんど関わらない男性の働き方がベースとなっている企業では、いくら育休などの制度を整備しても、従業員は子どもを産み育てにくいということ。

・職住の距離が近く、助けてくれる家族・知人が近隣にいる環境で、夫が早く帰れて夕食をともにできる環境、女性が働き続ける必要があり実情に応じて柔軟に対応できる環境の方が子育てしやすいこと。

が挙げられている。

そして、戦後高度成長期に構築された日本的働き方という今や「負の遺産」から脱却しないと、制度整備だけでは今後も改善は望めないだろうと結論づけられている。

私が、様々な仕事を通じて出会う企業やそこで働く従業員の方々の実態とも感覚的にはかなり一致する。

「育児に非協力的な家庭は第2子を作らなくなる」とも言われている。
非協力的というのは、意思の問題もあるが、現実的時間的に不可能という意味もある。


確かに「亭主元気で留守がいい」と女性から言われてきたことも事実だが、その女性自身も仕事を持つ身となれば、状況は変わるだろう。

奇しくも、今日の日経新聞の一面には、短時間勤務(かつ正社員)で人材を確保しないと回らなくなっている企業の状況が報じられている。


自分の経験で言っても、仕事は面白いしやりがいもある。収入も得られる。しかし、子育ても、多くの感動と喜びと幸せと生きがいを人生に与えてくれる。片方のために、もう一方をあきらめたり犠牲にするのは、女性だけでなく男性もあまりにももったいない。

企業の経営者は、どうか子宝率が高くなる会社を目指していただきたいと、いや、私も自分の仕事として経営者の方と一緒に考えたいと、切に思う。

今年一年ありがとうございました!

年賀状イメージ2015
日々の生活のリズムから、すっかりブログ更新が抜け落ちてしまってます。facebookに押されっぱなしです。
にも関わらず、ブログを閲覧してくださる方がいて、感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいです。

facebookでは、最近は、
プライベートでは、https://www.facebook.com/yukiko.kitaguchi
また、中小企業支援については、https://www.facebook.com/yorozu.osaka
で発信していることが多いですので、よかったらこちらもご覧ください。

さて、今年は、皆さまのお力添えをいただきながら、全国の中小企業・小規模事業者向けの新たな施策として開設された「大阪府よろず支援拠点」のコーディネータとして、様々な経営相談を受け、売上向上・経営改善のご支援をさせていただきました。

以下、トピックスのご報告です。

◆よろず支援拠点◆ 新年1月からも「よろず塾」の開催、「出張経営相談」の実施など、皆さまのお役に立てる企画を進めて参ります!
 → https://www.facebook.com/yorozu.osaka

◆ピザの会◆ 女性診断士の会ピザの会主催の「ビジネスプランコンテスト」は、昨年、節目となる10回目を開催しました。今年はnext10と称して更なる進化を目指しています!
 → http://www.w-pizza.com/

◆冊子発行◆ 皆さまに即実践していただける、「小さな工夫で売上を大きく伸ばす!!「広告宣伝・販売促進のヒント」」を発行しました。
 → http://www.skattsei.co.jp/shosassi/data/45444.html
 
◆新規事業◆ 「関西e中小企業ラボ」を立ち上げ、社員の満足度をアップさせ業績向上していただくための「働きがいのある会社診断」を始めました。
 → http://kansai-elabo.jp/

◆転居・断捨離◆  プライベートでは二男が結婚しました。私(と長男)も、32年間住み慣れた自宅を離れ断捨離を実践し、新居に移転しました。新居は、日本武尊白鳥陵古墳のすぐ近くです。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

  では、来年もぼちぼちと頑張りますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


天の時、地の利、人の和

元々は、「天の時は地の利に如(し)かず、 地の利は人の和に如かず」という孟子の言葉ですが、引いては、事を成すには、「天の時」すなわち時の運やタイミング、「地の利」すなわち立地や場、そして「人の和」すなわち信頼できるパートナーやスタッフの3つが大切、それも、天より地、地より人が大事、ということを示しているようです。

明日(もう日付変わってますが)から6月。今年度の中小企業施策として全国的に実施される「よろず支援拠点」事業は、私にとってまさにその心境です。

一昨年の今頃は、病に倒れ必死に闘う夫の回復が最優先でした。昨年は、再発して先が見えず、もう仕事は第一線でなくてもいいやと思いかけたほどでした。

そして今年。今月は誕生月で還暦となりますが、夫の分まで生かされた命を大切に、まだまだ世間に貢献すべしというのが、天の時だと感じています。

さらに、創業支援、経営支援の貴重な経験を積ませていただいた大阪の地の利、同じように中小・小規模事業者を支援したいという熱い想いを持った人(仲間)の和。

まさに、「今でしょ!」の心境です。

期待されるミッションは、決してたやすいものではありませんが、スタッフの皆さんと、力を合わせて、全うしたいと思っています。

よろず支援拠点
まだ、ご存知ない方も多いと思いますのでご案内です。

「大阪府よろず支援拠点」が、マイドームおおさか7階に6月2日(月)からオープンします。
http://www.mydome.jp/
「大阪府よろず支援拠点」では、経営に関する様々な課題に、中小企業支援に能力・知見・実績等を有するコーディネーターが、売上アップ、経営改善のための助言を行い、経営者とともに伴走し、必要なら更なる専門家や専門機関の紹介も行います。

これまで経営相談や支援を受けたことがない中小企業や小規模事業者の方々、経営に悩みをお持ちの経営者の方は、お気軽にお問合せください。

お問合せは、電話(06-6947-4375まで)、 もしくは、メール(yorozu@mydome.jp宛て)でお願いします。
先に予約をいただく方が確実ですが、直接窓口にお越しいただいても対応いたします。
営業時間:9時30分〜17時30分(土日祝日除く)、ご相談の費用はかかりません。


皆さまの事業にも、「天の時、地の利、人の和」が働きますよう、スタッフ一同、全力でサポートいたします!


「創業フォローアップセミナー」より

先日、中小機構&政策公庫さん共催の創業フォローアップセミナーがあり、コーディネーターとして参加させていただきました。たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

4名の事例発表者には慣れない方が多かったのですが、逆に参加者の方々には親近感があり自分の事業に置き換えて考える機会としていただけたねかな〜と感じます。

キーワードは
「こだわる」
「ブレない」
「低価格競争には参加しない」
「顧客(ファン)をつくる」
「(商品流通だけでなく)情報流通を考える」
「いっぺんに伸ばすと商品が荒れる」など。

体験や実践に基づく貴重な言葉がいっぱいでした。

発表後のグループでの情報交換、ディスカッションも活発に行われました。

新サービスのご案内『働きがいのある会社診断』

e中小企業ラポ
 ただいま、準備中のサイトのプレ告知です。
http://kansai-elabo.jp/

『関西e中小企業ラボ』『働きがいのある会社診断』で社員満足度を数値化し、人材の確保や社内改善に活用しませんか?

第一歩として、関西に『働きがいのある会社』をふやそう・広げよう!プロジェクトっでは、
『働きがいのある会社診断』であなたの会社の社員満足度を数値化して改善点をご提案します。
人材の確保や社内改善に活用しませんか?
ご興味のある方は、kits@kits-21.com までお問合せください。

初心を思い出させる年賀状

午年毎年いただく年賀状の中に特別な2通があります。
どちらも、もう10年ほど前にそれぞれ別の公的機関の経営相談がきっかけでお目にかかった方で、私よりもだいぶ年輩の男性です。

おひとりは、自宅の一室で自分のライフワークと言える事業をずっと続けておられ、自室のPCがウィルスに感染したとのSOSで出張相談に出かけました。相談というより、ウィルス除去&ファイル回復の実作業です。何時間ほどかかったかはっきり覚えていませんが、最初に停めた駐車場が閉まるからと途中で移動させたことは確かです。途中でお寿司をご馳走になりながら、作業は深夜に及びました。たいへん感謝していただき、それ以来、律儀にお便りをいただきます。

もうおひとりは、最初は、ネットビジネスの顧客開拓のご相談でした。しかし、ネットで展開するには困難な事業内容で、なぜこの事業にこだわるのかをお聞きするうちに、多大な負債の返済と自分にもしものことがあった時の多額の生命保険の掛け金のために、事業収入が必要だと考えておられることがわかってきました。私は、根本的には「自己破産」の方法を検討すべきこと、そのメリット・デメリットを一緒に調べながらお伝えしました。悩んだ末に、その解決法を選ばれ、以来、毎年年賀状で近況を知らせてくださいます。今年は、年末に男の料理教室で「ぶり照り」や「くりきんとん」を作ったと書いておられました。

経営相談は、本来は事業展開や経営革新のためのアドバイスをすべき場所であるとは思いますが、私が「困ったときの駆け込み寺」的な役割も無くさないでと思うのは、こんな体験から来ているのです。
お二人の年賀状をみるたびに、初心を忘れないようにと思い返しています。

2014年も皆さまのビジネスパートナーとして精進します!

2014年挨拶状本年はたいへんお世話になり、ありがとうございました! 
2013年は、皆さまのお力添えをいただきながら、中小企業診断士として新たに経営革新等支援機関の認定を得て、企業経営者の皆さまの経営革新や新規事業への取組みをご支援した一年でした。また、ワーク・ライフ・バランスや女性の活躍推進のお手伝いをさせていただきました。

◆執筆◆ 大阪府中小企業診断協会の仲間と共著の執筆メンバーとして『コンサルティングの基礎』 『コンサルティングの作法』 の2冊を出版させていただきました。
◆研修◆ 企業研修等では、若手社員や中堅女性社員の方々とこれからのワーク・ライフ・バランスを考えました。このテーマでの「ワールドカフェ」も実施しました。
◆イベント◆ 第9回目となった、女性診断士の会ピザの会主催の「ビジネスプランコンテスト」 を開催し創業者のご支援を続けました。
◆感謝◆ プライベートでは、人生の伴侶であった夫を残念ながら病で亡くしました。
皆さまにいただいた、たくさんのご配慮やお気遣い、励ましに、心より感謝申し上げます。

オフィスKITSは、 経営・IT・人材育成・キャリアアップに関する皆さまの様々な不安を安心に変えるパートナーでありたいと考えています。
女性の中小企業診断士の会「ピザの会」での活動など、女性の活躍や次世代の育成も応援しています。

コンサルティング、調査・診断、セミナー・研修・講演等のお問合せは、オフィスKITSのサイトから、どうぞよろしくお願いします。


では、どうぞ良いお年をお迎えください!

「開業率を高める」施策について思うこと

あるところで、まだ予算編成前なので(不確定情報である)としながら、国の来年度の創業支援の施策案を聞く機会があった。施策の内容については、不確定ということで触れないでおくが・・

そこで示された(よく見かける)統計資料によると、

日本 開業率  4.5% 廃業率  4.1%
米国 開業率  9.3% 廃業率 10.3%
英国 開業率 10.2% 廃業率 12.9%

そして、国の方針では、日本は「米国・英国の開業率の水準を目指す」のだという。
あれれれれ???
確かに、日本の開業率の数値は他国の約半分と低いけれど、開業率>廃業率であるのは日本だけ。長いこと、廃業率が開業率より高いという認識だったけどいつの間にか逆転してるではないか(一時的かも知れないけれど・・)。これって企業数はわずかながらも増加してるってことなのか?
また、英国が開業率・廃業率とも米国より高く、しかも廃業率が日本の3倍というのも意外。

そもそも私は、「率」でデータを判断するのは危険だと思っている。
「開業率」というのは、全企業数に対する一年間に開業したが事業所の数の比率だから、分母となる全企業数が多いと当然低くでる。企業数規模が大きく、企業の寿命が長ければ、同じ数だけ開業数があっても率は低くでるわけだ。日本には、百年企業など長生き企業が多いことも、数値に影響しているかも知れない。

この開業数を、国は2倍ほどにしたい模様。しかし待てよ。次の疑問は、「開業率を2倍にしたときの廃業率はどうあるべきと考えているのか?」ということだ。
今年の施策でも、開業前のプランだけで補助金を大盤振る舞いするなどの「?」な施策があったが、そもそも補助金がなければ創業できないというのは、「今は創業すべきでなない」ことがほとんどだ。これまで創業支援策に関わった中で創業者からいろんな名言をいただいたが、創業後5年で上場を果たしたある社長の「創業者の事業評価による奨励金は150万円しかもらえなかったが、今振り返ると、資本金1000万円でやっと創業したばかりの時に(当時の制度の上限であった)400万円ももらっていたら、事業計画にたるみが出てうまく行かなかったかも知れない」という意味の言葉が忘れられない。
もうひとつ、当時何人もの創業者が暗礁に乗り上げたのが、「創業時には事業計画で創業資金の融資を受けられたが、(事業が思う通りに進まずに)1期、2期と赤字決算を出すと、もはや誰も追加融資をしてくれない」というもの。いわゆる創業の「デスバレー」である。

多産多死でも、創業準備や新規開店の設備投資等で経済が(一時的に)活性化すると関係者はいうかも知れない。創業塾の開催数が増えて忙しくなるという創業塾講師陣のように・・・

しかし、これは病気や不健康な国民が増えて国の医療費がうなぎのぼりというのと同じ構造ではないか。

創業支援は、そんなものであっては行けない。補助金を増やせばいいというものでは決してない。ましてや、その人の人生の思いを実現するための「創業」はもっと大切にしてほしい。セーフティネットが整備されないままに安易な創業を推奨するかのような施策で、「開業率」を高めて地域が活性化したかのような錯覚を描かないで欲しい。

品質工学

ずい分久しぶりに診断協会のスキルアップ研修に出席、今日のテーマは、「わざと小さな失敗を経験することで大きな成功を引き寄せる方法」・・・品質工学の考え方の初歩を学ぶ。
講師は、とあるお仕事でご縁のあった方で最近独立した診断士のTさん。
「品質」を考えることは、「機能」とそれを妨げる「ノイズ」を考えること。
「何とかなる」条件と「どうしようもない」条件に分類して、「何とかなる」条件で効率的な実験を行い目標に近づくこと・・・などなど。
これらは、製品開発だけでなく、経営そのものにも応用できる考え方なのである。

最近、仕入(インプット)することが少なかったので、久しぶりに引き出しが増えた感じ。
Tさん、ありがとうございました^ー^
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
携帯サイト
QRコード
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    ギャラリー
    • 今年一年ありがとうございました!
    • 天の時、地の利、人の和
    • 新サービスのご案内『働きがいのある会社診断』
    • 初心を思い出させる年賀状
    • 2014年も皆さまのビジネスパートナーとして精進します!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 惜別
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 小冊子のご案内 「トップの一言でこんなに変わる! 」
    • 第8回ピザの会主催ビジネスプランコンテストを終えて
    コメント
    Amazonおすすめの本
    • ライブドアブログ