プロフィール

kits

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
過去の記事

女性と仕事・キャリア

2021年10月15日01:45働きがいと「360度評価」
今日も「働きがいのある会社」について、ちょこっと考えてみましょう。

私は、関西e中小企業ラボで「働きがいのある会社」づくりを担当しています。

関西eラボでは、働きがいのある会社 = 仕事のやりがい × 職場の居心地、つまり、働きがいのある会社になるためには、「仕事のやりがい」と「職場の居心地」の両方を高めることが必要だと考えています。

このうち、「仕事のやりがい」は、「自己評価」×「会社の評価(外部評価)」の掛け算で、さらに、「自己評価」は「好き度」×「できる度」、「会社の評価」は「昇進・昇格・昇給」×「経営理念の共有」×「感謝の見える化」に分けて、考えてきました。

さて、先日実施した、とある中堅女性社員向けの研修でのお話。この研修では、参加者の皆さんに予め「事前ワークシート」を配布して、職場の上司や同僚、後輩といった方たちに、「自分のことをどう評価しているか」ヒアリングしてきてもらいます。そう、360度評価の簡易版のようなものです。

会社での人事評価というと皆さん身構えるかも知れませんが、研修の事前ワーク(宿題)が出ているのでと言うと、上司や先輩も気軽に応えてくれるようです。また、この研修では、キャリアアップを考えるときに、ワークライフバランスも大切にするために、家族や友人といった方たちからプライベート面での評価もいただくのが特徴です。

こうして、研修では、参加者同士で「事前ワークシート」を見せ合いながら、自分が会社からどんな評価を受けているか、自分では自分のことをどう評価しているか、ふたつの評価は一致しているか、どんな差があるか、についてディスカッションしてもらいます。

「会社の評価」と「自己評価」の違いに気づいてもらうのが目的です。

受講者の声として特徴的なのが、「思ったより上司の評価がよかった」とひと安心する一方で、「入社した時とは仕事の内容や求められるものが大きく違ってきているのに応えられず、高い評価が得られない」という切実な声もあります。

自分で「会社の評価」を的確に把握すること、評価を得るために行動することは、実際にはなかなか難しいということです。

経営者の側としては、このことをよく理解し、「会社の評価」をより納得性の高いものにし、かつ適切な方法やタイミングで伝えることが、たいへん重要です。「仕事のやりがい」「働きがい」に直結する大きな要因だからです。


皆さんの会社でも、一度、気軽に「360度評価」を試行して、「仕事のやりがい」についての経営者と社員の共通理解を深めてみてはいかがでしょうか。

本記事は、関西e中小企業ラボFBページにも、掲載しています。

コロナ禍で多くの企業経営者が苦しい状況の中で新たな光を探し求めておられる今こそ、「いい人材を採用し、育てて、働きがいのある会社として成長したい」と考えておられる経営者の皆さまに少しでもお役に立つ情報をお伝えしたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2020年12月18日20:16メルケル首相の演説に思う
【私の尊敬する女性政治家、ドイツのメルケル首相の先日の演説より】
珍しくこぶしを振り上げ感情を露わにしたとも言われていますが、私の心に響いたのは、次の言葉です。

「私は科学による啓蒙(Aufklarung)の力を信じています。啓蒙主義は、今日のヨーロッパ文明の基礎です。私は社会主義時代の東ドイツで物理学を専攻しました。その理由は、社会主義政権がいくら政治的な出来事や歴史上の事実を捻じ曲げることができても、重力や光の速度などに関する事実や法則を歪曲できないと思ったからです」

(記事は、https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5fdc248bc5b650b99adb3d71 より。)

私と同年代の女性で、当時の東ドイツ出身、そして物理学を志したという経歴。この言葉には、ほんとに様々な思いが詰まっているんだろうなぁ〜。そして、どの時代どの世界でも通用する、めっちゃくちゃいい言葉だなぁ〜と感じます。彼女が、何を信条に何をよりどころにされているのかも、想像されます。

そう言えば、10代の頃の私も、「コンピューターは男女差別をしないぞ」と思って、情報工学に進んだ理系女子なのでした。(無理やり、共通点を見出そうとしている、はぁ^−^;)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2020年09月09日17:26女性が当たり前にいる、それがダイバーシティ
クレオ表紙先日、大阪市の男女共同参画関係の外郭団体から取材を受けて、情報誌に記事を掲載していただきました。
雑多なお話をうまくまとめていただいて、ああ回りの方から見たら、そうなんだなって気づかされる部分もあります。
ちょっと恥ずかしいですが、よろしければ、ご笑覧ください。
http://www.creo-osaka.or.jp/publish/pdf_creo/creo_202008p2_3.pdf

クレオ記事1
クレオ記事2

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2020年02月09日17:37「ばあばのお仕事は何?」
最近、毎週のようにお泊りに来る3歳の孫に、突然尋ねられた。
「ばあばは、何のお仕事してるの?」
「(ママに訊いたら)パパのお仕事は、お家を作ることやけど、ばあばのお仕事は、『ひと』を作るお仕事やって言うてたけど、ほんとに?・・・」

なるほど、ハウスメーカー勤務するパパは(営業だけど)家を作るといえば、3歳児にも分かりやすいからなあ。ママも、診断士の仕事を説明するのに多分困って考えてくれたんだろう。
が、最近、弟が生まれたばかりの彼には、ひとを作る?・・赤ちゃんが生まれる???? とどうも合点がいかない様子。

「う〜ん、ひとを作ってるわけではないけど、困ってるひとのお手伝いをするのが仕事かな?」と、答えてはみたが、もひとつしっくりこないなぁ。

「コンサルティング」や「経営相談」のエッセンスを、幼児に分かりやすく説明するという課題を、またひとつもらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2019年12月05日21:42「i−新聞記者ドキュメント」を観て
仕事の合間を縫って、「i−新聞記者ドキュメント」を観てきました。映画「新聞記者」を見逃がしていたので、モデルになった女性の新聞記者(東京新聞の望月記者)がどんな人なのかという興味くらいで、特に事前情報も持たないままでした。

ドキュメンタリーなので、ご本人が登場するわけですが、想像以上に元気はつらつ明るく可愛い女性で、存じ上げている女性起業家にちょっと似た感じでした。

中身ですが、最も響いたのは、「ファクト(事実)に基づき疑問に思ったことを(政治家に)問うことで、国民に真実を伝えるのがジャーナリストの役割」というところ。そして、タイトルからも解るように、ひとりのジャーナリスト(自分=i)としてどう行動するか、どう生きるかを大事にすること、というのが、最も伝えたいことでした。私たちひとりひとりが、事実を知ってどう行動するか、どう生きるかを問われているのだと感じました。

映画の評価が「5」と「1」の両極に分かれているのは、現政権を支持するか否かに起因するようですが、問われているのは、決してイデオロギーや政権支持の是非ではありません。ひとりひとりの生き方なんだという訳です。(実際、今の政権だから質問するのではなく、どんな党、誰が政権を担っても、ジャーナリストの役割は同じと彼女も言っていました。)

振り返って、私自身、息子たち世代や孫たち世代が、これからどんな社会の下で生きていくのか、政治や経済もそうですが、さらに国際平和や地球環境について、「親たちの世代は自分たちだけいい思いをして、あとはガタガタにしてくれたな」などと言われることがないように考え、そして行動しなければ、と感じたことでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2019年09月07日11:22書評に書いていただきました!
IMG_20190907_004831IMG_20190907_0048474月に出版した著書「働き方を会社にまかせない」〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜を、中小企業診断士の全国版会報誌である「企業診断ニュース」の書評で取り上げていただきました。とても、適切なコメントをいただき、感謝、感謝です! 
4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_まだ、拙著をお読みでない方も、よかったらAmazonでポチっとして、読んでみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2019年06月19日10:44女性社員向けキャリアアップ講座を開催!
64316000_2701072356634742_4379717325851459584_o
先週になりますが、十数年継続させていただいている女性職員向け研修を今年もさせていただきました。実は、この研修プログラムは、先日出版した「働き方を会社にまかせない」の元ネタになっています。
自分自身のキャリア開発を「会社にまかせない」で、自分自身で主体的に考えよう。そして、その考え方や手順は、経営者が自社の戦略を考えるのと同じですよ。というのが、この研修の一番のコンセプトです。
そのために、職場やプライベートの周りの方々から、自分がどう評価されているか、何を期待されているか(つまりニーズ)にも目を向けたりもします。
毎日、同じ職場で仕事をしていると、その範囲の中で物事を考えがちですが、視野を広げていただくのも目的のひとつです。
参加者の多くが、「自分たちは事務職」と思っていたところに「戦力として営業成績も求められる」ように会社の方針が変わってきたことに、自分がどう対応すべきか、悩んでいるところでもありました。

いつの時代もそうですが、社会に出て40年くらい(これからはもっと長く)仕事を続けると、同じ環境で同じ仕事が続くということはあり得ないんだよ、ということに気づいてもらい、自分自身が主体的に人生を考えるきっかけになってくれたかな?

主催者からは、今回から著書を教材として採用いただきました。感謝(^_^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2019年05月21日20:48人生は積分!
4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_ 先日、出版した拙著「働き方を会社にまかせない〜これからの時代の自分らしいを創るために〜」を読んでいただいた方から、感想をきかせていただいたり、メールなどをいただく機会がありまして…
年代の違う3人の方から、心に残ったと言っていただいたのが「積分で考える人生」のくだりでした。
私たちは、若い時、元気な時は、短時間でいかに多くのことができるか、つまり瞬間最大風速のような「微分」で自分の能力を測りがちです。しかし、人生全体を考えたとき、瞬間的に大きな力を発揮できないときも、また、体力が十分でないときも、すべては自分のキャリアの一部であり、通ってきた経験値全体、つまり「積分」の面積でキャリアを考えることで、育児や介護で時にはペースダウンすることも、プラスに変えていけるという趣旨のことを書かせていただいています。
賛同いただける方の声が複数いただけたことは、とっても嬉しく心強いです。
と、書いていたら、著書のテーマのきっかけになった「女性社員のキャリア研修」のクライアントから、今年の研修では、本著を教材として買っていただけるとの連絡をいただきました。
ありがとうございます^−^
皆さんもよかったら、ぜひ!
https://amzn.to/2FRv1kz

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2019年05月14日20:37「終身雇用」の終焉?
先日の経団連会長の「終身雇用なんてもう守れない」発言に続いて、今度は、トヨタの社長が「終身雇用守るの難しい」と、“限界”発言をされました。
「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示し、一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べられたようです。
http://news.livedoor.com/article/detail/16452977/

働く人たちにとっては、経営者(強者)の身勝手な論理と受け取るフシもあるかも知れませんが、私は、働く人たち(私たちひとりひとり)が、自分の働き方を見直し、自分の人生設計を自分の手に取り戻すチャンスと捉えたいと思っています。

そもそも「終身雇用」「年功序列」の蚊帳の外にいた女性だから、蚊帳の中の人よりは早く気付いたのかも分かりませんが、「自分の働き方は自分で決めたい」し、決めるべきだと考えます。

4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_
先日出版した、著書「働き方を会社にまかせない~〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜」は、このことを皆さんに伝えたくて書いたものです。
よかったら、Amazonでポチっとしてみてください!
→ https://amzn.to/2FRv1kz


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2019年04月09日21:32【出版のお知らせ】働き方を会社にまかせない〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜
4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_『働き方を会社にまかせない〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜』 というタイトルの書籍を、Amazon「オンデマンド(ペーパーバック)」で出版しました。

「働き方改革」の時代は、「自分の働き方やキャリアを自分で決める」時代! 
中小企業診断士が経営とキャリアを磨くことの共通点に着目し、誰もが自分の人生の経営者として、経営者の視点でキャリアについて考えることを分かりやすく述べた書 という内容の本です。

これまでに研修や相談などでお伝えしてきた内容をまとめる機会をいただき、出版にこぎつけました。
企業や組織の中で働く方にも、また、自分で独立・起業して働く方にも、あるいは、副業・複業を持つ方にも、キャリアの考え方の参考にしていただければと思います。

ぜひ、ご一読ください!
https://amzn.to/2FRv1kz  (Amazonのサイト)から購入いただけます。
本の内容に準じた研修・セミナーも喜んで承ります^−^

※補足:「オンデマンド(ペーパーバック)」は、普通の本とほとんど変わらない紙の本ですが、文字通り本の内容データのみをアマゾンが保持していて、注文が入ったら(オンデマンド)一冊一冊印刷して、購入者に送るシステムです。
普通の出版のように、数千冊、数万冊と出版社が印刷して保管だ配送だ返品だとしたりせず、注文が入ってから一冊ずつ印刷する、という、ある意味「エコな出版システム」なのです。
勧めてくれたベンチャー企業の応援の気持ちもあって、今回の企画となりました。

皆さん、下記サイトからのご注文、応援よろしくお願いいたします^−^

https://amzn.to/2FRv1kz

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック