ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

IT経営

業務の見える化、IT経営への取組み支援策ご紹介

事業仕訳で、独立行政法人が取り沙汰されていますが、私は、中小企業策の実施機関である(独)中小企業基盤整備機構近畿支部のプロジェクトマネージャーを、ちょうど一年前から務めています。

今日は、そんな私が、企業さまにぜひお勧めしたい事業(支援策)をご紹介いたします。

それは、「戦略的CIO育成支援事業」http://www.smrj.go.jp/venture/consult/046280.html です。

名前は小難しいですが、どんな支援策かというと・・・

社内の部門横断的に業務の中核を担う人材でプロジェクトを立ち上げていただき、中小機構から派遣する専門家(アドバイザー)やスタッフ(マネージャー、事務局)が、ファシリテータ役を務めながら、自社のIT経営のビジネスモデルについて考え、実現し、競争力を高めていただこうというのです。
国の施策ですから、専門家の費用は、企業さまは1/3負担だけですので、コスト面でもたいへんお得です。

具体的には、まず、企業の現行の業務プロセスを、まずは「見える化」し、現行業務のどこで自社は儲かっているのか、どこに問題があるのかに、「気づき」、それを社内で「共有」します。

次に、経営戦略にとって重要性・必要性の高い課題から、優先的に、解決の方法(システム導入・構築・リニューアル、業務改善)を実践するためのアクションプランを立案します。

そして、この事業の一番大きな目標は、このようなプロジェクト(通常6カ月〜1年程度)を通じて、自社の課題と経営資源を冷静に判断し、自社のIT戦略を担う人材(これが戦略的CIO)を育成することです。

昨年は、近畿支部で11社取組を開始し、現在、多くは進行中ですが、すでに、人材育成、顧客開拓、生産性向上など、成果が出始めています。

「国の制度を自社の課題にうまく適用して成果をあげたい」、「環境変化に対応できる自社のビジネスモデルを構築したい」、「IT経営をきっかけにして事業承継(後継者育成)を進めたい」、などとお考えの企業さまには、特にお勧めです。

もっと、詳しく聞いてみたい、自社に来て相談してほしい、という方は、北口(kits@kits-21.com)宛て、メールでお気軽にご連絡ください。
お待ちしています!

お米屋さんの顧客データベース

明日は2週間ぶりの休日。積み残しの仕事がない訳ではないが、少しばかり気持ちにゆとりが持てて嬉しい。

さて、今朝、感心したこと。
実家の親の代から数十年お世話になっている近所の「町のお米屋さん」。お米屋さんの方も2代目だ。子ども達も独立して後を継ぐ気配もないし、少し前には奥様まで亡くされた。
でも、彼(60代後半のはず)は元気、朝8時前から、「お米まだあるか〜」と玄関のチャイムを鳴らす。ちょうど、今晩のお米ちょっと足りないなぁ〜と思っていたところだ。見事なまでの顧客データの活用!

パソコンで管理しているとは、とても思えないが、顧客のコメの銘柄、キロ数とその消費日数、家族構成、生活パターンまで、全部記録&記憶されている。

我が家は、下の息子が高校(の部活や弁当)を卒業して下宿したので、10キロ単位から5キロ単位の購入に小口化した。その代わり、購入回数が少し増えた。私自身、前回いつ買ったか、何日で消費しているか、きっちり把握していなくても、彼は知っている。

私が、朝出勤前に持ってこないと、帰りは遅く閉店時間に間に合わないこともお見通し。で、朝8時前のチャイムになるわけだ。

これを、固定客のすべてに実践している。商売の原点はやっぱりこれだな。だから、スーパーで安いお米が目の前に並べてあっても、様々な通販のこだわり米があっても、私は(夫の実家から送ってくれるお米以外は)ずっとこのお店から購入する。

そんな彼のデータが一度狂ったことがある。
息子が下宿用にと、2キロほどコメを持ち帰ったときのことだ。いつもより早い周期でなくなったので、珍しくこちらから注文したら、しっかりと理由を訊かれた。多分、顧客データベースの備考欄に特記事項を追加されたことだろう。

今朝もこんなことを思いながら、「ちょうどよかった^ー^」と、代金をお払いした。

続Twitter

相変わらず、活用に乗り気になれない私ですが、今夜『ガイヤの夜明け』を見ながら、有名人のTwitterを検索していて、イー・ウーマンの佐々木かをりさんを発見。

「花粉症の時期にも負けず、元気にキレイでいて欲しい」というキャッチコピーに惹かれて、佐々木さんも花粉症に効果があったという「メロンリペア」というサプリを注文してしまいました。
http://www.ewoman.co.jp/melonrepair/campaign.html

彼女のつぶやきに乗っかったというワケです ^ー^

長年の花粉症から解放されたら、私も「ブラボー」とつぶやいてみよう!

Twitter

今週の前半のこと、とあるネットショップ講習会の企画運営会議の最中に、熱烈なお勧めをいただいて、先送りしてきた「Twitter」に遂にユーザ登録しました。

すでにビジネスに活用している方もいて、まだまだこれからいろんな可能性が広がるだろうことは理解できるけど、自分自身は、まだ「つぶやく」生活に踏み込めないでいます。

「Google日本語入力」と浮川夫妻

とある、社長さんに教えていただいて、昨年末から、「Google日本語入力」を使っています。

IMEの変換能力に辟易しながらも使っていたのが、ずっとストレスが少なくなりました。

ネット上の情報によれば、ATOKのレベルには達していないそうですが、何といってもGoogleは無料でダウンロードしたら、すぐに使えます ^ー^
興味ある方は、http://www.google.com/intl/ja/ime/ からダウンロードしてみてください。

ATOKと言えば、一太郎で一世を風靡したジャストシステムの創業者浮川夫妻が、ジャストシステムの経営不振とキーエンスとの業務提携などで、役員を辞任され、新しい会社を作ったとか・・・

まだ20代の頃、IT企業で共働きをしていた私たち夫婦には、少し年上の憧れの夫婦だったのですが、いろんな意味で時代の流れを感じてしまいます。

コンサルタント養成講座の開催ご案内

11月から土曜日の4回シリーズで、『実践!IT経営コンサルタント養成講座』を開催いたします。

企画は、京都・大阪で活躍中のITコーディネータグループ「実践IT経営ネットワーク(http://www.pwblog.com/user/sakayan/JITkeiei/)」。北口もメンバーの企画メンバーの一員です。

本気でプロを目指す方のための実践的な講座で、メンバーも知恵を絞り、汗をかく覚悟です。

 ・社長との付き合い方
 ・経営者の気持ちを考えて支援する方法
 ・業務知識だけでは改善できない(人を動かすためには)

などなど、毎回各講師がノウハウをさらけ出して、全力投球します。

最終回は、全講師参加による、完全ロールプレイング演習。
講師が経営者側になり、徹底的に現場感覚とコンサルノウハウを学んで頂きます。

自己投資してでも力をつけたい方、コンサルティング能力を高めたい方、ぜひぜひご参加ください。

詳細、お申込みは、こちらへ ⇒ http://www.pwblog.com/user/sakayan/JITkeiei/1129154.html

売上目標に思うこと

昨今の景況の悪化で、売上が減少している企業はたいへん多い。私が、最近、訪問させていただいた4社のうち3社がそうであった。

当然のことながら、3社とも経営者は今年度の売上目標を立てている。

1社目は、昨年度の月別売上(いわゆる昨対)が基準である。
しかし4月以降、達成率は60%と厳しい状況が続く。昨年度は、頑張って目標を達成した(つまり一昨年より業績が向上した)後だけに、今年度の昨対の目標値が重くのしかかる。客数の減少する夏場対策に必死である。

2社目は、各部門が調整して商品アイテムごとの売上目標(計画値)を立て、これを積算して全社の目標として出しているが、経営トップがこの目標を吊り上げるため、現場の担当者には、初めから目標達成に対する諦め感が漂っているという。

3社目は、昨年度の売上が7%減で留まったが、今年度はこの7%を取り戻すことを目標に掲げている。しかし、最大手の取引先から厳しい条件を提示され、営業の担当課長は、出張で商談がうまく行かなかったら西方向(大阪)に帰らず東方向に放浪したいと弱気になっている。

職場にITが導入され、結果の数値を分析したり、数値計画を立てたり比較したり・・・これらの作業はたいへんスピーディーかつ楽チンになった。計画を立てることも、修正することも、簡単にできる。カラーでグラフ化してインパクトを高めることもできる。

しかし、目標を社員全員が共有し、ひとりひとりが目標達成のために自分は何をすべきかを理解して日々の仕事に向かうことは、そう容易くはない。

まずは、経営者が自社の現状(実力)を見据え、あるべき方向性を示した上で、売上という数値目標を掲げることが必要だ。

一時的に売上が落ち込んでも、数年先に向けて、今は人材育成や経営基盤の強化、新事業の体制作りに投資する。そんな企業だってちゃんとある。

私の仕事も(報酬アップは期待薄だが)頑張り時だ。

Googleからの連絡5

Google AdSense から、
「お支払いをお受け取りいただくにあたり・・・」という連絡が来た。
しかも、AIR MAILで。

自分のHPの隅に表示していたGoogle AdSenseのクリックによる収益が支払の最低ラインに達したらしい。(半年かかっているが・・・)

手続きが面倒くさそうだが、うまく行けば今月末に振込まれる。

ちょっと嬉しい ^−^;

「社長の日記」でグーグル検索1位!

ひと月ほど前から、診断士の先輩から奨められ、BMB(ビジネスマッチングブログ)に参加しています。

BMBとは、大阪府デザインセンターが運営している、「ものづくり製造業」と、ものづくり企業をデザインやITなどソフト面で支援、連携する「デザイン・サービス業」の2分野の会員のブログを通じてのマッチングサイトです。(http://bmb.oidc.jp/

毎日更新されるブログもたくさんあり、興味深いネタもたくさんあります。

そんな中で、先日、「三元ラセン管工業株式会社 」というベローズ(蛇腹)やフレキシブルチューブ・ホースを作る製造業さんのブログに、「グーグル検索で『社長の日記』というキーワードで1位になった!」という内容の記事(http://bmb.oidc.jp/index.php?topic=-m-M1)を見つけました。

興味をもって試してみると、確かに1位・・・しかもサイバーエージェントの藤田晋社長のブログを押えてのトップでした。ご本人も驚いておられるようで、(直接の面識はないのですが)さっそくコメントを送らせていただきました。

http://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/

社長の高嶋さんがこれまでに他のいろんなブログでも発信たり、他の多くのサイトから紹介されている結果ではないかと思われます。
SEO対策の原点のような記事に触れたので、皆さんにもご紹介したくなりました。

医薬品のネット販売ができなくなる1

母の日のプレゼントをファレットの楽天ショップで買ったときに、完了後にこんなメッセージが出た。

「医薬品の通信販売継続を求めるネット署名にご協力ください」
http://event.rakuten.co.jp/medicine/net_signature/index.html#susumeru

そう言えば、少し前にニュースの話題になってたよなぁ〜こう重大ニュースや事件が多いと少し時間が経つとすぐに忘れてしまう。

恐らく、既存の薬局業界の抵抗・圧力が関連していると想像されるが、逆にその薬局・薬店が10km以内にない地域が日本国内にどれだけ多いかが地図で示されている。首都圏、関西圏、名古屋圏以外は、ほとんどの地域が当てはまるようだ。(舅姑の住む夫の実家もたぶんそうだ)
私自身は、ネットで医薬品を購入したことはないが、困る人もたくさん居ることだろう。

6月1日から施行されることは決まっているようだが、法律の見直し(ネット販売の継続)を求める署名だ。クリックだけで、簡単に署名できるので、主旨に賛同される方は、下記のサイトにアクセスしてみてください。
http://event.rakuten.co.jp/medicine/net_signature/signature/

厚生労働省のHPで詳細を確認してみたい方は、
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/02/s0224-11.html や
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/02/dl/s0224-11d.pdf
をどうぞ。
(それにしても、○○省のサイトも検索しにくい、見づらいものが多いなぁ〜)
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ