ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

起業家たち

中小企業診断士資格の更新研修を実践した素晴らしき経営者

昨年の8月から10月にかけて、中小企業診断士の資格維持・更新のための理論研修を、診断協会大阪支部でのべ3回担当させていただきました。
大阪支部では、毎回120〜130名の診断士が参加されます。中には当然、私よりも先輩に当たる方、大学教授、行政機関の方など、多彩な方々がおられ、壇上の講師としては、たいへん気を遣う研修です。

昨年担当したテーマは「中小企業の経営革新」。診断士として中小企業の経営革新をいかに支援するか、気づきから、テーマの設定、事業計画策定、承認後の実践のフォローまでの各ステップについて、事例を挙げてご説明しました。

また、受講者は、独立コンサルタントだけでなく、むしろ企業に勤務する診断士が多く、中には、企業経営者もおられることも考慮しながら、それぞれの立場で、自分のこととして、考えていただけるようにも工夫したつもりです。

そんな中で、あるベンチャー企業の経営者である、ひとりの診断士の方が、研修後に「今日の研修を機会に自社の経営革新計画を実際に申請します!」と言ってくださいました。

実現すれば、研修担当講師として、これほど嬉しいことはありません。

そして、あれから約3ヶ月。今日、社長から「経営革新計画が審査会で無事承認されました」との連絡をいただきました。

この素早い意思決定と行動力!
さすがベンチャー企業経営者と、改めて私の方が感動しました。

「これからは当社のことも事例に使ってください」とのこと。
さっそくご紹介させていただきます。
営業創造株式会社(http://www.e-bcc.co.jp/)伊藤社長さんです。
これからも、益々の発展を期待したい方です。

「ピザの会」では今年も「ビジネスプランコンテスト」を実施します

pizzalogoCL_S大阪の女性中小企業診断士の会「ピザの会」の「ビジネスプランコンテスト」は今年で6回目を迎えます。

これまで同様、書類審査と、最終プレゼンテーションの会場審査で、創業者や新たな事業計画のうち、新規性・実現性などの評価の高いプランについて、金賞10万円、銀賞5万円を副賞として準備しています。
応募締切は、10月3日まで。ご応募お待ちしています。

応募要領の詳細や、応用様式は、ピザの会の公式サイト(http://www.w-pizza.com/)をご覧ください。

※転載歓迎です。お知り合いなどにも、どしどしお勧めください。

女性のビジネス支援マスターコース

先週末は、東京出張でした。

土曜日は「ダイバーシティ研究会」に参加、
日曜日は「女性のビジネス支援マスターコース」といって、女性のビジネスを支援することを軸にしながら、診断士自らが独立しプロコンになるためのスキルやノウハウを身につけるという講座の講師をさせていただきました。

どちらも、東京で精力的にお仕事をされている女性診断士のYさんからお声かけていただいたものです。

中小企業診断士という資格を活かして仕事をし収入を得ることと平行して、企業の中や社会の中での女性の活躍の場を広げ高めたいという思いを持っている私には、とても貴重な2日間でした。

特に日曜日の講座では、資料を準備するとともに、当日の進行や時間配分についても当然予定は作っていたのですが、一旦始まると、時計の存在も忘れて、これだけは話たい伝えたいと思うこと事柄がどんどん溢れてきて、気がつくと終了時間が近づいていました。

終了後に参加者からいただいた感想を聞いて、自分が伝えたかったことをそれぞれの方に受け止め咀嚼していただいたことがわかり、ようやくホッとした次第です。

その一部をご紹介します。

◆女性診断士として、自己実現や稼ぐことだけでなく、社会貢献も意識した仕事をしたいこと。

◆企業や起業家の支援をするのは、マラソンの伴走にも似ていて、経営者以上に力量がないと支援(伴走)はできないこと。


嬉しいことに参加者のひとりは、ご自身のブログでもご紹介くださっています。
こちらをどうぞ
http://ameblo.jp/sawakota/entry-10601918991.html
 http://ameblo.jp/sawakota/entry-10601147740.html

また、ふだんブログのファンで楽しませていただいている miki_rengeさんこと、高橋美紀さんにもこの講座の講師陣同士としてお目にかかれて、たいへん嬉しく思いました。


「Google日本語入力」と浮川夫妻

とある、社長さんに教えていただいて、昨年末から、「Google日本語入力」を使っています。

IMEの変換能力に辟易しながらも使っていたのが、ずっとストレスが少なくなりました。

ネット上の情報によれば、ATOKのレベルには達していないそうですが、何といってもGoogleは無料でダウンロードしたら、すぐに使えます ^ー^
興味ある方は、http://www.google.com/intl/ja/ime/ からダウンロードしてみてください。

ATOKと言えば、一太郎で一世を風靡したジャストシステムの創業者浮川夫妻が、ジャストシステムの経営不振とキーエンスとの業務提携などで、役員を辞任され、新しい会社を作ったとか・・・

まだ20代の頃、IT企業で共働きをしていた私たち夫婦には、少し年上の憧れの夫婦だったのですが、いろんな意味で時代の流れを感じてしまいます。

「死の谷(デスヴァレー)」や「ダーウィンの海」を乗り越えて

昨日は、プライベートな年賀状で感じたことを書いたが、今日は、もう4日なので、少々ビジネスライクな話題を。

マスコミでは、世の中、総不況。「今年はたいへんな年です」の一点張りだが、
私が、創業者の皆さんからいただいた年賀状のメッセージや近況報告は、
それぞれに元気で個性的で頼もしいものが、たいへん多かった。

・個人事業者の法人成り
・広い事務所、新しい店舗への移転
・新サイトオープン(準備中)
・これまでの最高売上達成
・スタッフ増員

そして、何より、創業時の事業計画から次の段階へのステップアップと、
皆さん、意気揚々としている。

ちょうど3〜5年前、私が大阪府の「テイクオフ大阪21」という創業支援制度に関わっていたころに厳しい審査を受けて認定された方が、「死の谷(デスヴァレー)」や「ダーウィンの海」を乗り越えて、起業家として新事業を軌道に乗せてこられたことになる。彼ら彼女らにとっては、この不況も外部環境の一部でしかなく、チャンスと捉えて活かしているケースも少なくない。

支援者としてできることは限られているけれど、このような活躍ぶりを、節目節目に忘れず報告してくれることもたいへん嬉しくありがたい。

こんな元気な起業家の事例をこそ、もっとマスコミは、不況の中の希望の芽として、報道して欲しいものだ!

(何社かは、オフィスKITSの事例紹介ページ(http://www.kits-21.com/example.html)にご登場いただいています。ご覧下さい。)



※注:「死の谷(デスヴァレー)」や「ダーウィンの海」について
http://newbizdevelop.jugem.jp/より引用しています。)

「死の谷」はアメリカ発の言い廻しで、新事業のネタ(特に新技術)を実際のビジネスの形(開発物など)まで育成する間の苦労を言います。

他方「ダーウィンの海」は、・・・(途中略)「死の谷」を渡って一応ビジネスとしてはスタートしたが、競争に打ち勝てずに死に絶えるリスクを言い表しています。ここで必要なのはキャッシュではなくて、KFS(成功の鍵)を実現する力であり、それを管理して運営する組織力とマネジメント力でもあります。

ネットショップオーナー誕生!

1ヶ月ほど前の日記で、地元近くの富田林の商業者の方たちの「ネットショップ講習会」を紹介しましたが、

ついに、受講生のひとりがショップをオープンされました!
「帯・着物リメイク ミセス工房ノグチ」(http://misesukoubou.shop-pro.jp/)さんです。

tontan-noguchi
ショップオリジナルのバッグや和テイストの洋服の他に、自分で持ち込んだ帯や着物からバッグや洋服へのリメイクもしてもらえます。
タンスや押入れにしまったままの帯や着物が、もう一度生かされるのは嬉しいですね。
興味ある方は、ぜひショップを覗いてください。

実店舗は、金剛ショッピングモール内にあり、リメイク教室なども開催されているそうです。

手探りで始めた講習会、6回シリーズのまだ半ばなのですが、私たち主催者の当初の予想を上回る熱気が、このような成果につながったんだな〜とつくづく思います。

もうひとつの嬉しいニュースは、講習会の講師役のネットショップ経営者「ふかふか布団のみちばた」さんが、ショップ仲間5人で出版されたことです。

tontan-mitibata
タイトルは、『トップ0.1%の条件 ~ECビジネス成功者たちの「志力』・・・3日前にアマソンでキャンペーンを行い、見事1位を獲得されました。

私もキャンペーンに協力(応募)して購入、今読んでいるところですが、月1000万円以上の売上を4年以上続けている、ショップオーナーのそれぞれの想い(志力)があふれた、ネットショップ以外の起業や経営にも通じる、そして泣ける本です。

こちらは、アマゾンだと、http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%970-1-%E3%81%AE%E6%9D%A1%E4%BB%B6-~EC%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E6%88%90%E5%8A%9F%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%BF%97%E5%8A%9B%E3%80%8D~-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E6%95%8F%E6%98%8E/dp/4902222817/ref=pd_ts_b_100?ie=UTF8&s=books で購入できます。


富田林探検隊(http://www.tontan.jp/)でも紹介していますので、合わせてご覧下さい。

年末年始も、富田林のおっちゃん達は、熱い!

京大女性起業家プログラム

先週金曜日は、京大女性起業家プログラムの受講者の個別事業計画の相談を受けた。

このプログラムには、昨年からピザの会のメンバー3名で、個別相談に参加させていただいているが、首都圏から毎週宿泊つきで参加されている方も何名かあり、また、今年は偶然、私の地元の企業から2時間かけて新規事業立上げのために参加されている経営者の奥様もおられたり、でなかなか受講者は多彩である。

私が担当したのは、病児保育園を立上げたいという方と、高齢者向けのワンストップ生活サポートサービスを企画している方、どちらも、50歳前後のパワフルな女性で行動力にあふれていた。実現のために、ユーザの生の声をもっと聴いてプランを練ることをアドバイスしたが、この方ならきっと起業家としてやって行けるだろうという熱意を十分感じた。

仕事のあとは、昨年のこの講座の受講生で、今年のピザの会ビジネスプランコンテストの金賞受賞者である「たかはし保健師事務所えがお」の高橋厚子さんと久しぶりにお会いし、コーヒーとケーキでしばし歓談。楽しいひとときを過ごす。

その間に、携帯に見知らぬメール。迷惑メールかなと、危うく削除しかけたところ、私自身のHPのお問合せフォームに投稿いただいたメールが転送されてきたのだった。つまり、お仕事の依頼メール。あぁ〜そうだった、自分で転送設定していたことを忘れていた。このフォームからの初受注^−^;

なんだか、彼女たちのパワーに私も幸運をいただいたような気がした。

ピザの会主催「ビジネスプランコンテスト」開催ご報告

contest2009-1

報告が遅れましたが、
先週末24日(土)に開催し、合計24名の参加を得て、
第5回ビジネスプランコンテストを開催しました。


今年は、終の棲家、寿衣(死に装束)、通院同席サービスなど、
人生の後半を考える、あるいはそれに関わる女性の立場での
プランが多かったのが、特徴的でした。


会場審査の結果は、ピザの会のHP
 http://www.w-pizza.com/
 http://www.w-pizza.com/contest.html
で、すでにご紹介しています。
皆さんぜひご覧になってくださいね。

なお、25日(日)の読売新聞で女性起業家に関連する記事でも、
少し取り上げていただきました。

ビジネスプランコンテストの締切延長しました!

<ピザの会からの最新情報です>

ピザの会ロゴピザの会主催「第5回ビジネスプランコンテスト」は、9月20日(日)応募締切予定でしたが、応募者からのご要望により、連休明けの 24日(木)に締切を延長させていただきました。時間がないとあきらめていた方も、ぜひチャレンジしてください!

ビジネスプランコンテスト応募プラン大募集中!

ピザの会ロゴ
2008_1122ピザの会コンテスト0090






大阪の女性中小企業診断士のグループである「ピザの会」が今年も『ビジネスプランコンテスト』を開催します。

自分でビジネスを始めたい方、新規事業を計画している事業者の方々、ぜひご応募ください。

コンテストのコンセプトは、「おんなが選ぶ、みんなが選ぶ」・・・私たち女性診断士の視点で、また、審査に参加くださる一般消費者の視点からみた評価で、優秀プランには、賞金と一年間の事業化相談・支援を行います。

応募書類のダウンロードや、昨年までのコンテストの様子については、ピザの会のサイト(http://www.w-pizza.com/contest.html)をご覧ください。

また、YAHOOおよびGoogleで「ビジネスプランコンテスト 大阪」または「ビジネスプランコンテスト 関西」で検索していただくと最上位に表示されます。お知り合いの方にもぜひご応募をおすすめください。

お待ちしています!



プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ