ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

仕事と子育て

業務の見える化、IT経営への取組み支援策ご紹介

事業仕訳で、独立行政法人が取り沙汰されていますが、私は、中小企業策の実施機関である(独)中小企業基盤整備機構近畿支部のプロジェクトマネージャーを、ちょうど一年前から務めています。

今日は、そんな私が、企業さまにぜひお勧めしたい事業(支援策)をご紹介いたします。

それは、「戦略的CIO育成支援事業」http://www.smrj.go.jp/venture/consult/046280.html です。

名前は小難しいですが、どんな支援策かというと・・・

社内の部門横断的に業務の中核を担う人材でプロジェクトを立ち上げていただき、中小機構から派遣する専門家(アドバイザー)やスタッフ(マネージャー、事務局)が、ファシリテータ役を務めながら、自社のIT経営のビジネスモデルについて考え、実現し、競争力を高めていただこうというのです。
国の施策ですから、専門家の費用は、企業さまは1/3負担だけですので、コスト面でもたいへんお得です。

具体的には、まず、企業の現行の業務プロセスを、まずは「見える化」し、現行業務のどこで自社は儲かっているのか、どこに問題があるのかに、「気づき」、それを社内で「共有」します。

次に、経営戦略にとって重要性・必要性の高い課題から、優先的に、解決の方法(システム導入・構築・リニューアル、業務改善)を実践するためのアクションプランを立案します。

そして、この事業の一番大きな目標は、このようなプロジェクト(通常6カ月〜1年程度)を通じて、自社の課題と経営資源を冷静に判断し、自社のIT戦略を担う人材(これが戦略的CIO)を育成することです。

昨年は、近畿支部で11社取組を開始し、現在、多くは進行中ですが、すでに、人材育成、顧客開拓、生産性向上など、成果が出始めています。

「国の制度を自社の課題にうまく適用して成果をあげたい」、「環境変化に対応できる自社のビジネスモデルを構築したい」、「IT経営をきっかけにして事業承継(後継者育成)を進めたい」、などとお考えの企業さまには、特にお勧めです。

もっと、詳しく聞いてみたい、自社に来て相談してほしい、という方は、北口(kits@kits-21.com)宛て、メールでお気軽にご連絡ください。
お待ちしています!

4世代で過ごした3日間の休暇

20日早朝から22日まで、3連休を石川県白山市の山間にある夫の実家で過ごした。
この間に実家で一緒に過ごしたのが、私たち家族も含めて、4世代8人。

4世代とは、私たち夫婦を基準に見れば、父母(舅姑)、自分たち、息子・娘、そして孫世代である。(私たち夫婦には、まだまだ孫の兆しもないが、義弟夫妻には4月から小学校に入学する孫娘がいるのだ!)

現住所も違えば、生まれ育った土地柄、時代背景も違う。ライフスタイルも違う。当然、そこで醸成される価値観も異なっている。ふだんの生活習慣、特に食生活の影響力は大きいな、と改めて認識した。

また、現代の社会問題でもある世代間の格差や負担感のケーススタディも目の当たりにすることになる。

父母(舅姑)は、山間部の農家で自然と闘いながら、自然の恩恵を受けて、人生を過ごしてきた。苦労はあったが、食物は自給でき、農作業を通じて自らの健康を育み守ってきた。東京で生まれ育った姪っ子とこの娘は、東京の都心部で、コンビニエンス(都会の利便性と合理性)に根ざした生活様式だ。品川区の小学校では、区の予算(?)で新入生全員に防犯用の携帯が配布されるという。

この全く別世界のような生活の変化が、たかだか50年程度の間に我が国で(恐らく例外的ではなく)生じているという事実にも改めて気付かされる。

関西風の味付けの寄せ鍋をみんなでつつきながら、中間世代の私は、そんなことを考えていた。

つかの間の東阪交流

週の初めから、東京日帰り出張。用件は、診断協会の理事会への出席。

朝の新大阪駅でちょっとショッキングな光景に出くわし、始めて携帯でつぶやいて(ツイッター)みた。
それは、「被疑者」というプラカードを首からぶらさげた男性を、何人もの駅員さんが取り囲み、現場検証のようなことをしている光景。何故か緊迫感がなく、シミュレーションかとも思ったが、それにしては、逆にまた不自然。近寄る訳にも行かないので、遠巻きに眺めていただけなんだけど・・・

さて、東京では、いつもは単身赴任中の夫と昼食もしくは夕食を共にするのだが、今回は、ある女性の診断士の方と初めておめにかかる約束があった。

その方とは、女性診断士のグループ「エルズ」(http://www.lsconsultant.net/index.htm)の代表の油井さん。私の東京出張に合わせて、お忙しい中スケジュールを調整していただき、東京駅に程近いカフェレストランで待ち合わせ。

コーヒーでも・・という予定が、店内に入るなり、一瞬にして、ビールとワインに注文変更!
名刺交換も挨拶も抜きで、気が合いそうな予感。
そして、多方面に人脈も広く、また、使命感をもった素敵な方。

帰りの新幹線の時間を気にしながら、WLB(ワーク・ライフ・バランス)やダイバーシティについて、想いを語りあい、今後の展開の可能性を話しあった。

今度は、ぜひゆっくりと時間をとってお話したいし、お仕事がご一緒できればと思う。
ありがとうございました ^ー^

お米屋さんの顧客データベース

明日は2週間ぶりの休日。積み残しの仕事がない訳ではないが、少しばかり気持ちにゆとりが持てて嬉しい。

さて、今朝、感心したこと。
実家の親の代から数十年お世話になっている近所の「町のお米屋さん」。お米屋さんの方も2代目だ。子ども達も独立して後を継ぐ気配もないし、少し前には奥様まで亡くされた。
でも、彼(60代後半のはず)は元気、朝8時前から、「お米まだあるか〜」と玄関のチャイムを鳴らす。ちょうど、今晩のお米ちょっと足りないなぁ〜と思っていたところだ。見事なまでの顧客データの活用!

パソコンで管理しているとは、とても思えないが、顧客のコメの銘柄、キロ数とその消費日数、家族構成、生活パターンまで、全部記録&記憶されている。

我が家は、下の息子が高校(の部活や弁当)を卒業して下宿したので、10キロ単位から5キロ単位の購入に小口化した。その代わり、購入回数が少し増えた。私自身、前回いつ買ったか、何日で消費しているか、きっちり把握していなくても、彼は知っている。

私が、朝出勤前に持ってこないと、帰りは遅く閉店時間に間に合わないこともお見通し。で、朝8時前のチャイムになるわけだ。

これを、固定客のすべてに実践している。商売の原点はやっぱりこれだな。だから、スーパーで安いお米が目の前に並べてあっても、様々な通販のこだわり米があっても、私は(夫の実家から送ってくれるお米以外は)ずっとこのお店から購入する。

そんな彼のデータが一度狂ったことがある。
息子が下宿用にと、2キロほどコメを持ち帰ったときのことだ。いつもより早い周期でなくなったので、珍しくこちらから注文したら、しっかりと理由を訊かれた。多分、顧客データベースの備考欄に特記事項を追加されたことだろう。

今朝もこんなことを思いながら、「ちょうどよかった^ー^」と、代金をお払いした。

我が家の新成人

次男が、成人式を迎えました。ついに、我が家は、成人ばかりの世帯となりました。

朝から、ヘアスタイルをセットして、慣れないスーツ着て、友達と車で、地元市の主催の成人式ではなく、卒業した高校での成人の祝いに出席しました。

途中、ガールフレンドの家に寄って、振袖姿の彼女と、ツーショットの記念撮影。
(これをアップすると、多々支障があるので、残念です。)

バブルが最盛期を過ぎて、消費税が導入され(「出産」にも「消費」税がかかった)、ベルリンの壁が崩壊した平成元年生まれの君たち。

これからの日本も世界も、難題が山積だけど、どうか若い力を磨いて希望がモテる世の中を築いてね! (母より)

一日遅れの七草粥

七草粥 昨日は、仕事の都合で夕食を家で食べられなかったので、一日遅れで晩ご飯に七草粥を作った。

ホントは、朝食時に家族揃って・・・が理想かも知れないが、現代人の生活で、我が家のように居場所もバラバラだとなかなかそうは行かない。

春の七草 せり、なずな(ぺんぺん草)、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)・・・ちょっとホロ苦味があって、トロっとしたお粥によく合うわぁ〜七草をあんまりお粥に混ぜ込まず、上にのっけてポン酢をたらすのが我が家流の食べ方。

おせち料理を食べ過ぎた胃には、ちょうどいい。

春の七草といえば、なずなやはこべなどは、子供の頃は川原にたくさん生えていたが、今では、スーパーのパック売りだ。

でも、季節や行事ごとの食事は、私なりに大切にしたいと思う。

(※写真は、ウィキペディアから拝借です。)

手荒れ

例年、年越しは夫の実家(白山市)に帰省して過ごすのですが、今年は大雪が予想されるので義父母が心配して「来なくていいよ」と言ってくれたこと、そして、息子たちがそれぞれに、年末年始、仕事や友人たちのの集まりに忙しくなって日程が合わないこともあって、久々に大阪の我が家でお正月を迎えることになりました。

帰省する子世代から、帰省される親世代に少しずつ立場が変わっていくことを感じさせられます。

そうなると、大きく予定が変わるのが、主婦の定め。

帰省したときには、ふだん共働きで疲れているだろうと、のんびりさせてもらうのですが、我が家に皆が帰ってくるとなると、ふだん手が回っていないところの掃除、家族それぞれの好みを考えながらのおせち作りと、一気に家事が増えます。

昨日は、リビング、キッチン、玄関周りなどをl片付けて、(恥ずかしながら)ゴミ袋8つ分もの不用品を整理し、雑巾がけも久〜しぶりにしてさっぱりしました。

そして、今日は、お決まりの台所の油汚れの掃除。
おかげで、家の中も気持ちもすっきりして、しめ飾りや鏡餅の飾り付けも余裕で終わりました ^ー^

さあ、後は、明日のおせち作りを残すのみ。

と、ふと我が手を見ると、指先がかさかさに荒れている。無残・・・
そうだな〜こんなに集中して一日中家事に励んだのは久しぶりだもんな〜
子育て中は、一年の半分は手が荒れていたもんだったっけなあ〜

石川啄木の歌じゃないけど、思わず「じっと手を見る」・・・私です。

我が家にもインフルエンザ

京都から、機嫌よく帰宅した先週の金曜日、我が家の長男(もちろん成人です)が、ついに職場(学習塾)でもらってきたのか、深夜に38.5℃の発熱で帰宅しました。市販の解熱剤でも下がらず、土曜日に近所のお医者さんに診てもらったら、果たして、診察の結果は、インフルエンザA型とB型の併発。鼻の粘膜の検査で両方だと言われたそうです。(たまには、こんなことケースがあるらしいです。)

土曜日は、診断協会大阪支部の理事会&懇親会で、司会進行担当者だったので、長男がタミフルを服用したのを確認して、とりあえず出席。皆さんにお断りして、懇親会は一次会で帰宅。
タミフルが効いてか、丸1日ぶりで長男も食事を食べられて一安心です。

今日日曜日は、予定では東京出張だったのですが、一応、濃厚接触者ということで、出張(全国から人が集まる会議)は急遽自粛となりました。

新幹線のチケットを夫が東京で買ってくれていたため、キャンセルにも一苦労しましたが、粘り勝ちで何とかキャンセル。

出張を利用しての東京での夫との食事のプランもパーになりましたが、京都の次男が帰阪する週でなくて助かりました。

突然空いた時間に、ブログ書いてますが、これから来週予定される仕事の資料作りに取り掛かります。


連休半ば過ぎ・・・

長男は、趣味&旅行で不在。次男は、下宿で繁忙期のバイトに勤しむ、となったため、連休前半は、夫婦だけの休日。
とは言え、私以上に息子の下宿生活が気になる夫と、昨日は、京都に出向く。
昼食を3人で食べた後、父子は朱雀公園グランド(?)でトレーニングという名のキャッチボール。私は、運動不足解消のため、周辺を2時間近くも散策。観光地には行かないが、下町の民家や、京都らしさを感じさせる「製紐」「染物」そして「精工」などの中小企業の様子もウォッチング。
その後、夫は下宿でシャワーまで浴び、夕方から、息子のバイト先に繰り出し夕食(夫婦で飲み会)
歩き疲れた体に、心地よいお料理とアルコールで大満足でした。

今日は、家でまったり。連休初日に掃除などは済ませたので、午前中からゆっくり。(実際はデスクワーク) 昼ご飯は、夫の希望で近所にできたインド料理店へ。店内に入ると顔見知りのご近所さんに2組ほど出くわす。ここでも、焼きたての「ナン」がお変わりできて夫は大満足。
帰りに、買い物も済ませ、夕食は、和食(さしみ、我が家風おでん、酢の物)でまたついでに

なんて書くと、たいへん中が良さそうですが、食事以外は、ほとんど二人とも別行動。ほとんどクチすら効かない。

子育てほぼ卒業のマイペース夫婦の平和の秘訣(?)です。

さて、明日は、息子が二人とも帰ってくる予定。
さてさて、平和が維持できるかな?

それぞれのWLB(ワークライフバランス)

昨日は、珍しく飲み会を断った。16:00からの会議後に暑気払いを兼ねた懇親会があると、当日の朝、参加の有無を聞かれたからだ。
昔、子育てしながら正社員をしていたときも、事前に予定された飲み会のお誘いは、ほとんど断ったことがなかったのだけれど・・・

ちょうど、夫が帰阪中、次男が下宿から帰宅、長男もいつもより早めに帰れそう、と3拍子揃っていたからだ。夕食に4人が揃うことは最近では滅多にない。普段は、楽チン主婦の私も今日はダメだと瞬時に判断して、申し訳ないが懇親会はお断りした。
今の私のWLB

同じく当日に参加を問われた向かい側の席の先輩男性は、家族と外食の約束をされていたのに、奥様に電話したら、「職場の会合を優先するように」お許しを得たとか・・・

皆んなに「家族はその方がくつろぐんじゃないの〜?」なんてからかわれていた。(ご本人は、そんなことは決してなさそうな素敵な先輩です。)

私も、だから女性(主婦)は・・・と思われないように、結構気を遣っているんだけどなぁ〜それぞれのWLBのせめぎあいだと可笑しくなった
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ