プロフィール

kits

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
過去の記事
2010年11月27日16:44男子進学校のワーク・ライフ・バランス教育
有名進学男子校、家庭科に力 調理以外にも子育て・介護という記事をasahi.comで見つけた。

いわゆる偏差値の高い男子進学校で、日々の暮らしの中から社会や世界を考えられる科目として、家庭科教育を導入している学校が増えているらしい。
大学入試に向けた勉強だけでなく、社会に出て真にリーダーとなる人材を育成するためという意味合いもあるのだとか。(詳しくは記事を参照してください。)

たいへんいい傾向で嬉しく思う。と同時に、我が息子の中高時代にこんな教育を受けさせて欲しかったな、と残念にも思う。当時の中学受験は、とにかく塾、塾、塾。夏休みともなると、お弁当を昼と夜の2つ持って終電近くまで塾通い。マイカーでのお母さんの送り迎えは当然。自分の勉強のためにはお母さんはもちろん家族全員が静かに暮らすのが当り前と言われ、仕事を持つが車を持たず、小さな弟を連れて送り迎えもできず、弁当だけはギリギリ・・という私は何となく引け目を感じたものだった。

しかし、そんな王様的環境で育った有名進学校の男子学生が、将来的に政治や企業の組織のリーダーとなっても、ワーク・ライフ・バランスが実感として捉えられるはずがない。だから、組織の中のWLBの取組みに魂がこもらない。比較的裕福な家庭の子が多い中で、自分の手で育児や介護を体験し考えることは重要で、主要科目の勉強以外に大事なことがあることに気づくという効果も大きいだろう。

ああ〜何だか自分自身の子育ての反省も込めて、この取組みはぜひ積極的に続けて欲しいと願う。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字