先週末は、東京出張でした。

土曜日は「ダイバーシティ研究会」に参加、
日曜日は「女性のビジネス支援マスターコース」といって、女性のビジネスを支援することを軸にしながら、診断士自らが独立しプロコンになるためのスキルやノウハウを身につけるという講座の講師をさせていただきました。

どちらも、東京で精力的にお仕事をされている女性診断士のYさんからお声かけていただいたものです。

中小企業診断士という資格を活かして仕事をし収入を得ることと平行して、企業の中や社会の中での女性の活躍の場を広げ高めたいという思いを持っている私には、とても貴重な2日間でした。

特に日曜日の講座では、資料を準備するとともに、当日の進行や時間配分についても当然予定は作っていたのですが、一旦始まると、時計の存在も忘れて、これだけは話たい伝えたいと思うこと事柄がどんどん溢れてきて、気がつくと終了時間が近づいていました。

終了後に参加者からいただいた感想を聞いて、自分が伝えたかったことをそれぞれの方に受け止め咀嚼していただいたことがわかり、ようやくホッとした次第です。

その一部をご紹介します。

◆女性診断士として、自己実現や稼ぐことだけでなく、社会貢献も意識した仕事をしたいこと。

◆企業や起業家の支援をするのは、マラソンの伴走にも似ていて、経営者以上に力量がないと支援(伴走)はできないこと。


嬉しいことに参加者のひとりは、ご自身のブログでもご紹介くださっています。
こちらをどうぞ
http://ameblo.jp/sawakota/entry-10601918991.html
 http://ameblo.jp/sawakota/entry-10601147740.html

また、ふだんブログのファンで楽しませていただいている miki_rengeさんこと、高橋美紀さんにもこの講座の講師陣同士としてお目にかかれて、たいへん嬉しく思いました。