先週金曜日は、京大女性起業家プログラムの受講者の個別事業計画の相談を受けた。

このプログラムには、昨年からピザの会のメンバー3名で、個別相談に参加させていただいているが、首都圏から毎週宿泊つきで参加されている方も何名かあり、また、今年は偶然、私の地元の企業から2時間かけて新規事業立上げのために参加されている経営者の奥様もおられたり、でなかなか受講者は多彩である。

私が担当したのは、病児保育園を立上げたいという方と、高齢者向けのワンストップ生活サポートサービスを企画している方、どちらも、50歳前後のパワフルな女性で行動力にあふれていた。実現のために、ユーザの生の声をもっと聴いてプランを練ることをアドバイスしたが、この方ならきっと起業家としてやって行けるだろうという熱意を十分感じた。

仕事のあとは、昨年のこの講座の受講生で、今年のピザの会ビジネスプランコンテストの金賞受賞者である「たかはし保健師事務所えがお」の高橋厚子さんと久しぶりにお会いし、コーヒーとケーキでしばし歓談。楽しいひとときを過ごす。

その間に、携帯に見知らぬメール。迷惑メールかなと、危うく削除しかけたところ、私自身のHPのお問合せフォームに投稿いただいたメールが転送されてきたのだった。つまり、お仕事の依頼メール。あぁ〜そうだった、自分で転送設定していたことを忘れていた。このフォームからの初受注^−^;

なんだか、彼女たちのパワーに私も幸運をいただいたような気がした。