私の住所地に隣接する富田林市の商店主のおじさん(おばさんもいます)たちが、ネットショップ講習会を半年シリーズで企画・実施しています。
今週は、その2回目でした。

先生役は、同じ市内の商業者ですでにネットショップでしっかり実績をあげておられるMさんとNさん。
お二人はいくつもショップを持っていますが、代表的なのは、
Mさんの http://mitibata.com/
Nさんの http://shugeiya.com/
どちらも、たいへん売れているお店です。
Nさんなど、講習会の最中にも注文メールが携帯に転送され音楽を奏でては、皆に強烈な刺激を与えています。Mさんのサイトは、注文状況を公開しておられます。

私は、ネットショップオーナーではないのですが、全体の企画や進行の管理役としてオブザーバー役のコンサルタントとして参加して、事業計画やコンセプトのお話をさせていただいています。

月に一度、店を閉めた夜7時からの講習会、集まれない普段の日は、メーリングリストでの活発な質疑応答と、開始当初の、「みんな付いてきてくれるだろうか〜?」の心配は、今のところ無用のようです。

ショップコンセプトの重要性、無料サイトを30日間お試しで使ってのサイトマップの勉強、商品のアップ、効果的な商品写真の取り方、サイト診断(他人のサイトを斬る!)・・・などなど、
盛りだくさんのプログラムに皆さん、必死で付いてこられます。平均年齢は50代後半というところですが、年齢を感じさせません。

昨日、今日と、無料お試し期間が終了し、みんな次々に有料で契約をはじめました。
いまや、ネットショップは、若者やITに強い人たちだけのものではないことを、私自身が教えられ、刺激をうけています。(ちなみに、物販のビジネスではないくせに、私も有料コースの契約してしまいました。)

こうして、ローカルな地元の商店主が、新たな事業にチャレンジし、自分の店のコンセプトを見直す作業は、とても新鮮で有意義なものだと感じています。

現在、10名ほどが参加していますが、この中から、ひとりでも二人でも、ほんとにショップを継続していけたら、講習会の成果としては、十分だねと、企画・運営側は楽しみにしています。

進捗は、富田林探検隊(http://www.tontan.jp/)のトップページで確認してみてください。