この前観た映画がナンだったか思い出せないほど久しぶりに、映画を観た。

「沈まぬ太陽」・・・山崎豊子さん原作の小説で、ジャンボ機墜落事故も含めて日本航空をモデルに、航空会社や政府の様々な問題を浮き彫りにしながら、信念をもち正義をあきらめない一人の男(渡辺謙)が主人公だった。
いくらフィクションとはいえ、明らかに日本航空がモデルで、しかも御巣鷹山は実名で・・・いろいろと問題にもなっているらしい。
私が観たいと思ったのも、先日たまたま見たテレビで、山崎豊子さんが、「私自身、映画化が実現するとは思っていなかった」と語っておられたからだ。

詳しい内容は控えるが、途中で10分間の休憩が入るほどの長編で、観客の平均年齢はかなり高そうだったのが印象に残った。

映画館から出たら、太陽は沈んで日はとっぷりと暮れていたが、「沈まぬ太陽」の意味を改めて考えなおしたことだった。