TS3P00046月に続いて、先週、太平洋人材交流センターを通じて、世界中各国の中小企業施策を学ぶ(きっとエリート)官僚の方たちに、中小企業診断士制度を説明し、実際の企業見学の案内をする機会があった。

今回は、トルコ、モンテネグロ、南アフリカ、オマーン、メキシコ、チリ、アルゼンチンなど、地球のあちこちから参加された10名だった。

TS3P0010前夜遅くまでカラオケを楽しんでいたという元気いっぱいのメンバーだが、診断士制度の説明では自国の産業振興を担う責任感にあふれる積極的な質問が相次いだ。

しかも、今回は、10名中6名が女性。おまけに若い!
日本に勉強に来てくれているうちはいいが、早晩抜かれるのではないかという危惧を感じる彼ら彼女らのバイタリティだ。

TS3P0013午後からは、中小企業のメッカ東大阪にある中農製作所さんを訪問し、社長はじめ社員の皆さんの歓迎をいただく。

ここでは、「知的資産報告書」の英訳版で、ものづくり企業の強みと全社一丸となっての取り組みを披露してくださった。(ありがとうございます。)

TS3P0014このような、取り組みに関わらせていただく度に、日頃は、目先の仕事や出来事に埋没してしまいがちな自分自身を見直すきっかけを得る。貴重な体験だ。