リフォームもほぼ終了し、一昨日から真新しいお風呂に浸っている ユニットバスは工業製品なので様々な快適(と思われる)機能が付いているが、何と言っても家自体は25年以上前のものなので、古い設備を解体して電気・ガス・水道などの設置条件を整えないと導入できない。数日間に渡って各分野の下請け職人さんが順次出入りし段取りよく仕上げてくださった。ときどき、事前の打合せにはなかった事態が発生しても、ベテラン職人さんが手際よく対応してくれる。 情報システムの構築は、よく建築に例えられるが、旧システムからの移行やインタフェイスでは、トラブルことがしばしばある。ネットワーク、データベースなどの専門家が職人さんに当たるのだろう。 顧客との関係、専門家同士の分業とコミュニケーション、元請のマネジメント能力・・・若い業界であるIT業界だが、ベテラン職人さんが支えているともいえる建築業界に学ぶことは多いのかも知れない。 ・・・なんてことを考えながら、ついつい居心地がよくなったので長風呂をしてしまった(⌒∇⌒)