今週は、昨日今日と交流イベントが続いた。

昨日は、大阪府の異業種交流グループが主催する「第28回事業化交流マッチング」http://igyoushu-group.com/matching/match-28.html
テーマは、「不況の今こそ新たなビジネスチャンスを見つけたい企業大集合!」(このテーマは、実行委員会の一員として提案した私の案が採用されたのですが・・・)
不況のせいか申込みの出足が悪く心配したけれど、当日は約100名が参加し会場の熱気ムンムンの盛況だった。自社の製品をPRするのはもちろんだが、グループの他社製品の販路や改良のヒントなど、感じたことを発言しあうのが、このマッチングの特徴だ。マスコミ報道では赤字企業や人員削減などマイナス面一色だが、今こそ次の一手を着々と進めている企業があることも忘れてはいけない。元気な企業の一覧はこちら→http://igyoushu-group.com/matching/match-p28.html

そして今日は、VEC(ベンチャーエンタプライズセンターhttp://www.vec.or.jp/)の新年交流会。VECとは、ベンチャー企業の発展を支援し、起業家と支援者の交流を促進する団体で、毎月いろんなゲストの講演を聞けるのだが、今日は新年のパーティーも兼ねてホテルで開催。講演テーマは、「金融不況後の世界経済の行方 〜これから日本もどう変わるのか〜」でエコノミストの方が、世界の動き、日本経済の今後の方向性をわかりやすく説明してくださった。
特に日本は今後人口減少時代をチャンスとするビジネスが不況の救世主となるだろうという見方が新鮮だった。講演後のパーティーでも、「今期赤字と言っている企業も実はちゃんと次の布石を打っている。マスコミは負の報道ばかりしている」というスピーチに皆さん賛同しておられたのも印象的だった。

異業種交流そのものが、自社の業績に直結することは少ないけれど、交流に参加している企業と、していない企業の業績を比べると、きっと前者の方がいいだろうと、これまでの経験からも強く感じる。

私が尊敬している女性経営者にも3年ぶりくらいでお会いすることができた。

私にとってもたいへん勉強になった。