先日、橋下知事の2008年度大阪府の本格予算案が府議会を通過し、8月1日から執行されます。

私が民間人としてお手伝いしている(財)大阪産業振興機構も大きく予算削減となります。「大阪府中小企業支援センター」として2000年から続けてきた、創業者や中小企業者の方々の経営相談を直接受けたり、経営課題に対して専門家を派遣したりする事業は続けられなくなりました。たいへん残念です涙

一部では「府支援センターは廃止(なくなる)」という情報も流れています。

しかし、私も含めて最小限の職員や民間人スタッフで、8月以降も引き続き、これまでに事業認定された事業者などに対して、取引振興・販路開拓といった支援を行ってまいります。また、お問合せに対しては、代替の機関をご案内、ご紹介できるように対応いたしますメモ

予算・人員・施策(支援策)、どれも十分ではありませんが、これまでに培った実績・ノウハウ、そしてスタッフの熱意と創意工夫で、できる限りのご支援に全力を尽くしたいと思っていますあせあせ(飛び散る汗)

ピンチはチャンスexclamation ×2