買ったのは、『B型自分の説明書』…最近、ちょこちょこ「今売れている本」として報道されているが、改めて買うほどのこともあるまいと思っていたのに。
先週、東京帰りの新幹線で軽く読める本をと駅構内の本屋さんで思わず買ってしまいました。(この辺がやはりB型か?)

読んで見ると、結構表現が面白く、ついつい読み進んでしまう。
その通り〜いやそうでもないよ〜そうそうそっちの方が当ってる…という感じである。

「ウソ」は嫌い。「秘密」は大好き。
大勢でワイワイは好き。でも一人が好き。でも寂しがり屋。
…扱いにくいだろうなぁあせあせ

欠点を指摘されて一応悩んでみるけど、直す気はサラサラない。人の話を聞かない…(旦那様にピッタリ!)

努力している姿は人に見せない…(そうそう、これは二男の美学わーい(嬉しい顔)

夜中に突然、部屋の模様替えを始める…(れれぇ〜これは私ですウインク

やたらカバンが重い。いらないモノも持ち歩く…(長男のことです!)


右と言われれば左と言う。それが基本…だから4人全員B型家族の我が家はいつも○○○○家族。

そんな本の最後には、
「これがB型の全てではありません。B型だけに当てはまるということでもありません。人は十人十色です…」とある。

この余裕と人間愛の精神が売れている理由のひとつかも知れない本