プロフィール

kits

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
過去の記事
2008年03月14日03:38「だから女は働かない」4
これは、日経ビジネスの3.10号の特集記事のタイトルです。
副題は、〜見せかけ「女性活用」の落とし穴〜

マイミクのまこさんのブログでも紹介されています。
http://makolog.cocolog-nifty.com/mako/2008/03/post_34b2.html


これまで先進的な女性活用策を実施してきたと思われる大企業でも社内の女性からはあまり評価されていない。現実には「やる気のある女性」「優秀な女性」ほど定着せず外資系企業や企業社会の外に逃げていく。

記事は挑発的な言葉も交えながら、現在少なからぬ企業が陥っている穴、そこで働く女性がぶち当たっている壁について論を展開し、

最終的には、何社かの事例をあげて、
「『雇用均等度』と『ファミリーフレンドリー度』の両方が高い企業が一番生産性が高く収益力が高い。」
と締めくくっている。

私が正社員を辞めた次の年に男女雇用機会均等法が制定されて、すでに20年以上が経過しているが、『均等度』だけではだめだと記事では言っている。
 
私自身、会社を辞めるときに上司や同僚から「均等法ができたら女性ももっと仕事ができるよ」と引き止められたが、「男性と同じように深夜まで残業させられるのはほんとの意味の均等ではない」と断ったことがある。その時は残業時間より長男の育児に関わる時間の方が私には重要だったから・・・

また、自営業になってから『女性活用』や『女性のキャリアアップ』というテーマでセミナーなどの講師をしたときには、
「女性は企業にとって『活用』するものなんですか。『男性活用』とは言わないですね。」と皮肉ってみたり、「男性(上司)もキャリアアップについて考えて欲しい」と言う意見を多くの方からいただいたりした。


皆が同じ時間同じ働き方をして、皆で力を合わせて、きちんと役割分担をして・・・という企業文化で高度成長してきただけに、生理的、精神的に異なる女性と、しかも個々のライフスタイルも価値観も多様な女性たちと、うまく協働するしくみを構築するには、相当の時間がかかるようだ。

ひとりひとりが人生の中でどんな道をどんなスピードで行くのか、いつアクセルを踏むのか、どこで寄り道や休憩をするのか、会社は多様な働き方を選べるようにいくつもの道を作ることが役割・・・記事ではこう主張している。


私のやってきたこと、今やっていることは、決して女性たちのロールモデルにはなりえないけれど、「女性の中にもいろいろいるゾ〜」という多様性の事例くらいにはなるかもしれない。

そう考えてこれからも企業と女性(&男性)たちの共存の様子を見守っていこうと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 日経ビジネス「だから女は働かない」  [ まこにっき ]   2008年03月14日 07:45
センセーショナルなタイトルにひかれて、 日経ビジネス3月10日号を手に取った。

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2008年03月14日 07:50
きたぐちゆきこさん、TBありがとうございます。
mixiだけでなく、ブログもお持ちだったのですね。
きたぐちさんは、働く女性として&女性診断士として、数少ない貴重なロールモデル。
私も見習って、「女性として」意見を求められることに反発するだけでなく、後に続く方々のためにも、しっかり意見を出していこう!と勇気づけられました。
2. Posted by きたぐちゆきこ   2008年03月15日 18:46
5 まこさん、コメントありがとう。
勝手にトラックバックしちゃいましたよ。

まこさんと私も同じ女性だし、共通の資格も持っているけれど、考え方、感じ方は少し(かなり?)違う。

でもそれぞれが、自分を大切にするのと同じように相手を大切にしながら、協働するのがベストですね。

「しっかり意見出して」ください^-^/

3. Posted by miki_renge   2008年03月19日 12:10
こんにちは。TBを送りましたが届いていますでしょうか。
遅ればせながら、私もこの号を読みました。
「均等」の意味が、男性と同じ働き(拘束時間の長さなど、よろしくない意味で)を求められることだったら、やはりノーサンキューですよね。特集記事の中の、「いつアクセルを踏むか」は考えさせられました。今はずっとブレーキを踏みっぱなしなので、アクセルの踏み方が判らなくならないようにしなければ。

きたぐちさんは、間違いなくロールモデルです。きたぐちさんを目標に、アクセルの踏み方を考えたいと思います。
4. Posted by きたぐちゆきこ   2008年03月20日 03:37
5 miki rengeさん、コメントありがとうございます。

アクセルを踏む「タイミング」「強さ」確かに重要ですよね。
常にフルスピードで駆け抜ける人生もあるかもしれないけれど、私は「もう少しスピード出したいな〜」くらいがちょうどいいと思っています。
スピード出しすぎると、周りの景色(仕事仲間、家族、世間・・・)が見えなくなるうえに事故率も高くなるような気がします。

miki rengeさんも、周囲からみればきっと状況に合わせて上手にアクセルを踏んでおられる方だと思いますよ。


コメントする

名前
 
  絵文字