381ba731.jpg
明けましておめでとうございます。

暮れの30日から夫の実家に帰省し、昨日帰阪しました。

パソコンは家族で2台も持って行ったのですが、実家にはインターネット接続環境が無い上に、エアエッジを忘れたために5日間ネットなしでした。パソコンは息子に発注したデータ入力のバイトと、家計簿&帳簿の処理用に少し立ち上げただけ。
携帯は使っていましたが、ネット常時接続の普段とは違った生活環境で数日を過ごしました。

替わりによく利用したのが、地元のあさがおテレビ。

私たちの帰省に合わせて寒波、大雪という天気予報だっただけに、市町村合併で誕生した白山市とその周辺の気象、地元情報、定点観測の画像などを送り続けるこのメディアは大変重宝しました。

結局一晩に1メートルを超えるほどの積雪には至らなかったけれど、毎日30〜50センチほど積もり、その分の除雪や融雪をしてはまた積もり・・・吹雪、あられ、みぞれ・・・よく降りました雪

野球やサッカーで体を動かすことを楽しみにしていた二男は真っ白なグランドにちょっとがっかりでしたが、私は、贅沢にもお正月から「雪見温泉&温水プール」でのんびりいい気分(温泉)


他にはこれと言って特別なことはないのですが、こたつの周りに3世代が集まって紅白歌合戦TVを見ながら年越しそばを食べるという、そんな平凡な光景の幸せをかみ締める年齢になってきました。

健康でいて息子夫婦の仕事ぶりを見守ってくれる義父母と、普段は各々好き勝手な生活をしていながらも帰省する私たち夫婦につきあって同行してくれる息子たちと。

平凡だけれど、老いと成長の曲線が交わる時は、ひょっとすると今年が最後かも知れないし、来年も当たり前のようにやってくるかも知れないし。

自分の仕事や人生の目標とともに、親や子たちの人生の変化をしっかりと受け止めて行かねばならない・・・窓の外の一面の雪景色を見ながら温泉につかってそんな取りとめもないことを考えたお正月でした。

※写真は初日の除雪後の様子です雪