257c7ef4.JPG昨日は早朝から夫婦揃って甲子園に行ってきました。

全国から夏の甲子園の各都道府県予選を支える審判さんが集まり、いろんな場面の判定の講習。

その協力校として、息子のチームを含め大阪府と兵庫県から各2校、計4チームが参加。

甲子園審判講習会(拓也)審判、選手それぞれ100名くらいはいたでしょうか。

そしてスタンドにはグランドに入れなかった下級生の選手達と応援(?)に駆けつけた保護者が200〜300名くらい。

前日には「試合じゃないから・・・」と言っていた息子ですが、内緒でユニフォームのポケットに甲子園の土を忍ばせ、
「最初グランドに降りたときスタンドの大きさにビックリした」
「たったあれだけの人数の拍手が響くのだから満員の観衆の拍手や声援をグランドで聞くとすごいだろうな〜」
と満足気に帰ってきました。

甲子園の土親たちも、息子がマウンドで投げたりダイヤモンドを駆け回ったり、自チームのユニフォームが一斉に守備についたときには思わず「夏にはほんとに(大阪代表として)もう一度来ましょ!」って皆んな感動してました。


太田幸司の三沢高校vs松山商業の決勝戦を2日連続観戦して以来、甲子園観戦暦30数年の私にも新たな思い出の1ページとなりました。

絶好のお天気の中、参加された皆さん、お疲れ様でした ^−^
★3枚目の写真は家に持ち帰った甲子園の土です。