今日も阪神−巨人戦がもう始まっているころですが、昨日の阪神−巨人戦は見ごたえありました。

(大阪の皆さんごめんなさい・・・我が家は広島ファンの長男の他は東京ドームの近くに単身赴任中の旦那もOLD長嶋ファンの私も二男も巨人ファン。阪神ファンはいないのです)

当然、ナイター中継でも基本的には巨人の応援。

1対1のまま試合は延長へ、12回表に巨人が相手のミスに乗じて3点取ったときは「勝った!」

そして12回裏、あれぇ〜巨人は守護神豊田が登場したが・・・3点取られ同点に・・・ >_<;

なおも俊足の赤星が一塁ランナーで、バッターが3番シーツ、次は4番金本と続く場面。俄然、テレビの前の観戦も力が入る。
バッターに対するピッチャー豊田の1球ごとに高校球児の息子は『まずは外のストレート』『フォークボールを空振ってくれなかったのが痛い』と解説と配球の予想をしてくれる。そして『ここは1球ランナーにけん制』・・・その通りけん制球。『勝負球をファウルされたのが痛い』・・・その通り。『金本は今の球をシングルヒットしかできなかった自分に怒ってる』・・・BSの解説者星野さんも同じこと言ってるぅ〜

金本のヒットで2死1,2塁。バッター今岡。むむ??巨人は何と敬遠で満塁策をとった。
これには母子とも大反対!(あくまでテレビ観戦です)
俊足の赤星をただで3塁に進ませることはあるまいに〜

次に出てきた代打狩野は今季初打席。今岡より実績がないからこっちで勝負ということだが、息子は急に『拓(息子の愛称です)には狩野がお立ち台でヒーローインタビューを受けている姿しか見えない!』と言い出す。

結果がどうだっかたはご存知の通り。5分後には、見事期待に応えた狩野選手が、「プロ初安打が記念すべきサヨナラヒット、おめでとうございます!」とお立ち台で皆から祝福されて目を潤ませていた。(君の予言どおり)

そして私の前の息子はなおもつぶやく。『狩野選手、なんか一人前に挨拶できてホッとした顔してる』(・・・いやぁ、ほんと君はエライ!)

今日は、今確認したところ3−0で巨人リードです。息子?自分の練習疲れで居眠り中〜 ^−^