今日は、ある企業で開かれた、女性の働き方についての意見交換会に参加してきました。

参加者は、経営者+女性社員(東京や名古屋からも参加)+他企業の女性社員+大阪府&大阪市の男女共同参画課の方+なぜか私・・・という20名ほどのメンバーでした。

男性は、後半参加された社長以外は、大阪市職員の2人のみ。

女性がキャリアを積むということについて、それぞれの体験談を交えながら、意見を交換することに・・

議論は、
・経営者にいかにこの問題を経営課題として認識させ取組ませるか
・女性自身がワークライフバランスの中でどうやってキャリアを積むか(積んできたか)
という2つのテーマを中心に進み、最後に社長が自身の考えを熱く語る(といういつものパターン?!)。

この企業は、「人事部」ではなく「人材部」を置いて人事考課とはまた違った視点で人材育成を図っていること、そして、このようなテーマで女性社員が社長の熱い意見を直接聞く機会を設けておられることが、外部の方にはとっても新鮮だったようです。

私も、皆さんそれぞれの貴重な体験や現状の悩みを聞かせていただき有意義な時間でした ^−^

以下、関連するお話の補足です。

====== 今日の社長の名言をご紹介します。

「『自由には責任が伴う』というのはウソ。
責任をもって(仕事をして)もらうには自由が必要」
別の言い方をすれば、「責任を担うことが人を自由にする」。

つまり、『育児休業や勤務時間などに柔軟に対応して自由に働いてもらってこそ、仕事での成果が期待できる』っていうことです。

大いに納得です。

======= 大阪でも仕事がおもしろくて結婚の機会を敢えて逃す方も多いですが、東京の出生率は0.・・1.0以下ですね。

社会全体が(企業も含めて)もっと子育てに優しい社会にならないと、女性は躊躇しますよね。

今日参加された皆さんは、「キャリア=ハードワーク」ではなく、「キャリア=自分に合った仕事の仕方を続けていくこと」っていう意見が多かったように思います。

そして、企業側はその環境を準備するのが務めだと・・

また、確かに時間的には出産・育児はマイナスだけど、精神的にはそれが仕事にプラスになっているという意見が多数派でした。

「三丁目の夕日〜」ではありませんが、もっと人間の自然の営みと仕事を共存させないと、人類はダメになるような気がしています・・・