ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と各々マイペースで暮らしています。

2011年05月

ダイバーシティ、ワーク・ライフ・バランスと中小企業診断士〜ワールドカフェ的に考えました〜

P5210006 昨日21日は、ピザの会が2ヶ月に一度、ミックスピザの会として開催する外部の方にも参加いただく会でした。

いつもは、創業を考えている方や、創業間もない方にお越しいただき、ビジネスプランやマーケティングについての相談・アドバイスをすることが多いのですが、今回は、「ダイバーシティ&ワークライフバランスと中小企業診断士」
というテーマで、企業経営のコンサルタントの立場で、あるいは自身の人生の中でどう取り組むかという、いつもとは、ちょっと違ったテーマ設定で開催しました。

P5210015 ダイバーシティとは、外面や内面の各々異なる多様な人々を受け容れる(受容する)という考え方です。これを、企業経営の中で、どのように取り組めばいいかということを、男性が圧倒的に多い診断士の方々と一緒に考えたかったのです。

また、5月初旬のGW中に立ち上げた、ピザの会のfacebookページ(http://www.facebook.com/women.pizza)の効果を測る実験も兼ねていました。facebookで繋がっている方にご案内したところ、合計24名(うちfacebook経由が18名)という多くの方のご出席をいただきました。

ピザの会以外のメンバー以外では、昨年度のピザの会ビジネスプランコンテストで金賞をとられた、すいな整体サロン「SHANTI」の畠中恵美さん、沖縄の青年社長診断士、起業15年の女性起業家、育児休業から復帰して間もないITコーディネータ、お母さんの介護をされている男性診断士、人事・労務をメインに独立したばかりの方、キャリアデザインを専門にしている方、2人の子育て中で診断士試験に合格したばかりの方…まさに、多様な方々に参加いただきました。

参加者の男女比は、ちょうど半々。年齢構成は、30代前半〜60代まで。現在子育て中の方が、ピザの会のお母さん診断士を含めると、24名中4名。まさに、ダイバーシティを考えるに相応しいメンバーとなりました。

P5210009 さて、会の内容はどんな風だったかと言いますと、私が「ダイバーシティ」についての共通認識をいただくために少しご説明をした後、参加者のひとりで、先月法人化を果たし益々活躍が期待される、株式会社ビズパワーズの柳瀬智雄さんのご協力で、ワールドカフェという方式を取り入れて行いました。

P5210018P5210020
参加者全員が、4つのグループに別れて、
 .瀬ぅ弌璽轡謄を意識した経験
 ▲瀬ぅ弌璽轡謄を実現すれば、何が起こるか? 
 ダイバーシティの実現には何が必要か?
の3段階のお題を、お題の度にメンバーをシャッフルして、自由に意見を述べ合うというものです。

最後に、各グループのホスト役のメンバーに、発表していただきましたが、代表的な意見としては、
♪ ダイバーシティの実現で組織に活力が生まれ、競争力が向上する。
♪ 企業におけるダイバーシティとは、個々の構成員が「ワクワク」しながら働けることである。
♪ そのために、経営トップの決断のもと、長期的な視野でダイバーシティの実現に取り組む必要がある。
♪ また、同時に、個々の構成員も、自分がどんな働き方をしたいかや、キャリア形成や成果に責任をもつことが求められる。
♪ 社会全体としては、ダイバーシティを保障する、セイフティネットのようなしくみの整備の必要がある。
というようなものが発表されました。

多様な人材を受け容れて最高のパフォーマンスをあげるにはどうすればいいのか、子育てと両立する女性がいれば勤務時間の配慮をするということが、企業の中で何故必要なのかということを、参加者各々が真剣に考えるきっかけになったとすれば、たいへん嬉しく思います。参加いただいた皆さんに感謝申し上げます。

また、突然の依頼にも関わらず、ワールドカフェのファシリテーターを快く引き受けていただき、ダイバーシティの考え方とワールドカフェのそもそもの発想の共通点に気づかせてくださった、柳瀬さん、感謝しきれません。

皆さんも、ダイバーシティ・マネジメントにご興味あれば、ぜひピザの会(info@w-pizza.com)、あるいは、北口(kits@kits-21.com)宛て、お気軽にお問い合わせください。



ダイバーシティやワークライフバランスを経営戦略として考える

この一週間、ほんとたいへんでした。朝、昼、夜と仕事して(お疲れの飲み会もして)、さらに深夜にデスクワーク⇒仮眠のような日が、何日かあり、さすがにこれでは、体が持たないと、この週末は、深夜労働をヤメて朝寝坊をしましたが・・・

そんな中でひとつ変化がありました。(社)中小企業診断協会大阪支部でこれまで総務委員長という任務だったのですが、先週末に総会があり、副支部長ということになりました。もともと役員は無報酬の有資格者の会員組織ですが、独立コンサルタントや企業勤務の方、また、20代から80代まで800数十名の幅広い会員がおられるので、責任は重大です。もちろん、中小企業診断士と関係の深い、経営者の皆さま、公的な支援機関の皆さまにも、一層のご指導ご鞭撻をいただきたく思います。

さて、今日のテーマは、次の週末21日に、女性診断士の会「ピザの会」が開催する「ミックスピザの会」のご案内を兼ねています。

ほぼ単一民族で、「24時間会社のために戦う男性正社員」的モノカルチャーに支えられてきたとも言える日本的経営では、ダイバーシティ(多様性を受け容れること)は、まだまだ自社の課題にはなりにくく、ワークライフバランスが、育児休業から復帰した子育て中の女性の「家事・育児と仕事との両立」の課題として認識される程度です。

しかし、就職難の中でも、人材不足は中小企業の大きな問題で、女性、高齢者、外国人など、多様な人材を戦力とすることは不可避となっています。必然的に障がいのある方にっとっても働きやすい職場環境づくりも求められます。

次回、ミックスピザの会では、これらの課題に、中小企業診断士(あるいは参加いただく皆さん)が、自分の仕事としてどう関わるか、どう、企業経営の全体戦略の中で位置づけられるかを考え、ひいては、自分自身の人生の中での仕事の位置づけも考えてみたいと思います。

私自身、明確な回答がある訳ではありませんが、ぜひ、参加いただく皆さんとご一緒に考えたいと思っています。
ご興味のある方は、ぜひ「ピザの会」のサイト(http://www.w-pizza.com/)をご覧の上、ピザの会事務局(info@w-pizza.com)宛てのメールにて、お申込みください。

あいさつの言葉

ある公的な組織の幹部会議での話。いわゆる公務員的な体質を改善して、もっとサービス業としての意識を高めようと、様々な試みに取り組み始めた。外部からの訪問者(お客様)に対しては、「いらっしゃいませ」・・・当たり前のこの言葉が、自然に出るようになるのにも、少々の勇気と時間とが必要だ。

そして、話題になったのが、職員同士が互いにかけ合う挨拶の言葉。

「お疲れさま」という声をかけ合う職場は多いかも知れないが、これは、ほんとに疲れを感じさせてしまい、あまりよい言葉ではないのだという。経験40年のベテランホテルマンという幹部のアドバイスだ。

「ご苦労さま(です)」・・・これは、元警察官で危機管理担当の幹部が、警察官時代に使っていた仲間の挨拶だという。確かに、いつも市民の安全を守るご苦労の絶えない職場らしい言葉だ。一般的には、「ご苦労さま」は、上司が部下にかける言葉とされているが、職場によっては必ずしも当たらないのだろう。

前述の元ホテルマンは、仲間の挨拶は常に時間に関わらず、「おはようございます」が良いとおっしゃる。一般職員には、「芸能界みたい」と抵抗感があるが、相手を爽やかで気持よく仕事に向かわせる効果があるという。また、5メートル離れて挨拶をするのは「声かけ」で、1メートル前後の至近距離で「今日はいいお天気で気持ちいいですね」とか、「今日は冷えますね。風邪引いておられませんか」などという、1対1での「ささやき」とをうまく使い分けることも大切なのだという。

対上司、対同僚、それぞれにかける言葉には意味があり、職場の士気にも影響を与える。

皆さんの職場では、どんな挨拶の言葉をかけていますか? 

ブログを再開しよう!

let-noteずい分ご無沙汰してしまいました。およそ100日ぶりのブログ更新です。
あまりオープンにできない仕事に追われ、大震災にショックを受け、年度末の忙しさにかまけ・・・などなど、言い訳は何通りもできますが、要は、サボった訳です。

0502taniutsugiその間に、facebookをはじめました。mixi、Twitterについで、新たなソーシャル・ネットワークのお試しです。そして、この連休中に久しぶりに自分のWEBサイトを更新しました。また、仲間の協力で、女性診断士の会「ピザの会」のfacebookページを立ち上げました。

情報発信手段が増えると、いろんな可能性が広がりますが、割ける時間には限りがあります。でも、それぞれのツールには、共通点も多いけれど、各々の特徴があることも、使ってみて初めて少しずつ理解できてきました。

また、自分がサボっている間に、私のことを取材してくださって原稿にまとめてくださった方もありました。中小企業支援の総合サイトJ-NET21内にある、の中小企業診断士の広場「中小企業診断士トップランナー訪問」です。よかったら、ご覧ください。3回連続でアップされるようです。

そんなこんなで、ぼちぼちブログを再開しますので、よかったら、これからも時々は、アクセスよろしくお願いいたします。



プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
携帯サイト
QRコード
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    ギャラリー
    • 今年一年ありがとうございました!
    • 天の時、地の利、人の和
    • 新サービスのご案内『働きがいのある会社診断』
    • 初心を思い出させる年賀状
    • 2014年も皆さまのビジネスパートナーとして精進します!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 惜別
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 小冊子のご案内 「トップの一言でこんなに変わる! 」
    • 第8回ピザの会主催ビジネスプランコンテストを終えて
    コメント
    Amazonおすすめの本
    • ライブドアブログ