ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と各々マイペースで暮らしています。

2010年02月

ポジティブな社長さん

今月の特に後半は、スケジュールがパンパンの上に、スケジュール外で対応しなければならない締切とが重なって、いつもに増してオーバーワーク状態。(こんなときに花粉症の発症が重ならないことを祈る)

そんな中で、現在進行形の仕事で出会ったおふたりの社長さんの「ポジティブさ」にたいへん励まされています。

おひとりは、給食・お弁当などを製造して毎日1万人以上の方に届けているお弁当屋さんの社長さん。
もうひとりは、手帳に30年後までの売上計画数値を書き込んで、企業の成長を目指している社長さん。

おふたりの共通点は、お父さんから家業を引き継いで、時代のニーズに合わせて大きく成長させたこと。そして、自分の(自社の)使命感が非常に強いことです。
世の中が、デフレスパイラルだ、何だと、将来に希望が持ちづらくなっているときに、従業員を大切にし、自社の将来の目標を語れることは、とても素晴らしいことだと思います。

で、私たちの仕事は、その目標達成に向けての成長戦略を一緒に考え検証すること。強みを前面に出す社長に、弱みやリスクを示すことも・・・

ひとつは、グループでの仕事、もうひとつは単独での仕事ですが、どちらもポジティブな社長に満足して納得していただけるものにしなければと、責任重大です。

今日は、これから単独の仕事の方のレポートの仕上げ。頑張ろう ^−^/

続Twitter

相変わらず、活用に乗り気になれない私ですが、今夜『ガイヤの夜明け』を見ながら、有名人のTwitterを検索していて、イー・ウーマンの佐々木かをりさんを発見。

「花粉症の時期にも負けず、元気にキレイでいて欲しい」というキャッチコピーに惹かれて、佐々木さんも花粉症に効果があったという「メロンリペア」というサプリを注文してしまいました。
http://www.ewoman.co.jp/melonrepair/campaign.html

彼女のつぶやきに乗っかったというワケです ^ー^

長年の花粉症から解放されたら、私も「ブラボー」とつぶやいてみよう!

他人との距離感

Twitterに踏み込めないでいる私が、最近ず〜っと気になっていることがある。

毎日利用する電車の車内でのこと。
最寄の近鉄電車も、地下鉄もJRも、他の私鉄線も、業務上、いろんな電車に乗る機会が多いが、どれも気になる傾向は同じ。
ひとつのシート座席に座る人の人数が、7人掛けのシートには6人。6人掛けのシートには5人と、明らかに減っているように感じるのだ。

車両によっては、6人の真ん中に仕切り棒が入っていたり、シートの色を変えたり、ひとり分ずつ座席にくぼみがついているものまであるが、ラッシュ時や立っている人がたくさんいる場合にも、なかなかこの通りには守られていない。

日本人の体格がよくなって座席が狭く感じられるようになった、特に冬場は防寒着がかさばって幅をとる・・・いくつかの要因が考えられるが、もし、これらの要因が当たっているなら、鉄道会社は、座席の設計基準を見直す必要があるだろう。何せ、仕切り棒にしても、シートの色分けやくぼみにしても、コストかけている割に、思惑どおりの効果があがっていないのだから・・・

しかし、私は、ふと感じることがある。体格の向上(?)以上に、他人と触れ合うくらいに詰めて座ることを嫌がる人が増えているのではないか、と。そして、ケータイ、イヤホンと、各々のお気に入りの道具を出して「マイワールド」に浸っている。ケータイではメールやTwitterで物理的に離れたところにいる(時には見知らぬ)誰かとコミュニケーションをとったり、つぶやいたりしているのに、自分のすぐ隣にいる人とは距離感を保つ。何か変だ。

こんなことを感じるようになったのも、自分が旧い世代になりつつあるということなのだろうか? 少しの隙間があると、気を利かしてひとりでも多く座らせてあげる、偶然隣合っただけなのに話掛けたり、時には飴ちゃんをもらったりする、大阪のおばちゃん式のコミュニケーションが、私には、妙に懐かしい。

Twitter

今週の前半のこと、とあるネットショップ講習会の企画運営会議の最中に、熱烈なお勧めをいただいて、先送りしてきた「Twitter」に遂にユーザ登録しました。

すでにビジネスに活用している方もいて、まだまだこれからいろんな可能性が広がるだろうことは理解できるけど、自分自身は、まだ「つぶやく」生活に踏み込めないでいます。

先輩診断士の訃報

毎年、必ず年賀状をいただくのに、今年はお返事もないなぁ〜と思っていたたら、別の方から、「○○先生が新年早々に亡くなった」ということを伺った。

数年前にある地域の中小企業支援センターの相談窓口で、たまたま同じ曜日を担当していて、毎週一度ご一緒だった。相談ブースは仕切られているが、相談者のないときや、休憩時間などに、これまでの経験談や心構えなどをたくさんたくさん聞かせていただいた。化学が専門で、科学的なことから、下世話な話題まで、幅広い教養(?)の持ち主だった。

私が、その支援センターから、次の支援機関に移るときや、ちょっと大きな仕事をさせていただいたときなどは、必ず、前向きに励ましてくださった。
ここ何年かは、年に一度お目にかかるかどうかといったところだったが、とうとう最後の一年は、お会いすることもできなかった。

私が、いまのように支援機関でお仕事できているのも、ある意味、○○先輩とご一緒した経験に負うところが大きいと思う。

今日、夕方、仕事ですぐ近くまで出向いたので、お花をお供えしようとご自宅を訪問した。
周囲の真新しい住宅の中で、ひっそりと暮らしていたことが偲ばれる古いお家を発見した。玄関の横には、特徴のある愛車が止めたままになっていた。ご家族は、お留守だったので、ご近所に挨拶だけして、玄関先にお花を置いてきた。

○○先生、ご冥福をお祈りします。天国で見守っていてくださいね。
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
携帯サイト
QRコード
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    ギャラリー
    • 今年一年ありがとうございました!
    • 天の時、地の利、人の和
    • 新サービスのご案内『働きがいのある会社診断』
    • 初心を思い出させる年賀状
    • 2014年も皆さまのビジネスパートナーとして精進します!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 惜別
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 小冊子のご案内 「トップの一言でこんなに変わる! 」
    • 第8回ピザの会主催ビジネスプランコンテストを終えて
    コメント
    Amazonおすすめの本
    • ライブドアブログ