ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と各々マイペースで暮らしています。

2009年03月

年度末〜旅立ちを迎えて〜5

とうとう、今日で大阪産業振興機構での業務が終わりました。

以下、これまでご支援させていただいた創業者や企業経営者の皆さんに、最後のご挨拶として送らせていただいたメールより、抜粋です。

*****************************


平成16年4月にサブマネージャーとして、大阪府中小企業支援センターの一員に加えていただいて以来、5年間、プロジェクトマネージャー、地域活性化チーフコーディネーター等、立場や名称が何度か変化しながらも、創業者や中小企業の皆さまとのお付き合いをさせていただいたことは、私にとってはたいへん有意義で貴重な経験でした。

 
卒業の常套句ではありますが、思い返せば走馬灯のように、皆さんのお顔やいろいろな場面が浮かんできます。


事業計画書を真ん中に、創業者の方とビジネスプランのブラッシュアップで知恵をしぼったこと。


予想外のトラブルで資金繰りに困窮した認定事業者に、「来週はもううちの会社無いかも知れません」と青い顔で言われ、マネージャーの無力を感じたこと。(この企業は、後に大きく成長されました。)


会社を訪問するたびに、社員数が増えていく様子を見て青年社長がとても頼もしく思えたこと。

そんなたくさんの思い出の中で、支援した事業者の方からいただいた、たいへん嬉しいメッセージ、そして、皆さまにぜひお伝えしておきたいメッセージをご紹介します。


ひとつは、テイクオフ大阪21の初期の頃に認定され、その後、順調に業績を伸ばされた企業の社長のことば。
“認定でいただける奨励金を期待していたら、思ったより金額が少なくがっかりした。しかし、考えてみたら、少ない資本金でたくさんの奨励金をもらったりしたら、かえって事業計画が甘くなっていたかも知れない。今となれば、あのぐらいの少額でよかったと思う。“

もうひとつは、認定後、基幹となる事業の競争力を高めるとともに、新たにインターネットに販路を広げて事業を拡大された企業の社長のことば。
“認定で魚(お金)はいただけなかったけれど、『魚の捕り方』を教えていただいた。考えてみたら、この方がずっと自社には有意義で有難いことだった。“

ご存知のように、現在、世の経済情勢が厳しい中、加えて、昨年来、大阪府は財政状況の改善に向けて、種々の施策や組織の見直しを図っておられます。

私が、この5年間で強く感じ確信していることは、企業支援は、お金をばら撒くことではなく、企業の想いを理解・共有し、それぞれの企業の体力に応じて、必要な体力強化策や筋力トレーニングの方法を提供することが一番だということです。

もちろん、そのためには支援する側も体力を蓄え、また常にトレーニング方法を研究し続けなければなりません。そして、企業に負けない、PDCAマネジメントが実践できる組織でなければ、十分な支援もできないと考えています。

大阪産業振興機構で、これまでの支援体制が継続できなくなることは、たいへん残念ですが、きっと、多くの予算をかけずとも、有益な中小企業支援策を 新たに講じていただけるものと、信じております。

そして、皆さまには、厳しい環境下でこそ、自社ならではの体力強化策を図っていただき、より一層の成長を遂げていただくよう、心からお祈りいたします。

******************************

明日からは、また、新たな場所と立場で、しかし変わらぬ気持ちで企業支援を続ける予定ですので、今後ともよろしくお願いします。

 

ジェンダー論1

先日、大学の後期の成績発表があったらしく、下の息子がしょげている。「ジェンダー論」という教養課目が不合格で単位をもらえなかったらしい。レポートも試験もきちんとこなしたのに…と言う。

とすると、原因は
 \績事務処理のミス
 ∪萓犬虜療席針の偏向
 B子のレポート&試験の出来の悪さ
のいずれかだろう。
本来は、をまず考えるべきところだが、,筬△硫椎柔をすぐに思い浮かべるのが、職業病というべきか…

案の定、息子も「担当の先生は『ママを標準語にしたような』自分の考えを正しいと信じているしっかりものの中年女性だった」と言いだした。(息子も20歳近くなると、母親を冷静にみているもんだあせあせ

,呂箸發く、△鉢は表裏一体の面もある、試験で記述した内容を聞いて見ると、「見る性」と「見られる性」について、どうやら女性専用車両を例に何やら息子なりの考えを述べたらしいがく〜(落胆した顔)

私は、社会科学の分野で、事実を問うならまだしも自分の考えを書かせて不完全であれ未熟であれ「不可」の評価をすることはふさわしくないと思っている。ジェンダー論だって生物学的性差はともかく、社会的性差についての解釈は、一意ではないだろう。

確かに、家の息子たちは、女性を「守るべき性」「見られる性」とは思っていないかも知れない。夫と私の関係も、先生の教えるジェンダー論の思想とはかなり異なるに違いない。私のように、ジェンダー論でいう「女性」とは少し趣の異なる母親を持ったが故に、息子の女性観に影響を与え、「ジェンダー論」の単位を落としたのだとしたら…当の息子は、落とした単位はまた取り直せばいいと、すでに気を取り直してはいるが、母親としての心境たるや複雑だ。

WBC優勝!!!

午前中は、おとなしく仕事していたのですが、昼休みに息子から途中経過のメールをもらってから、そわそわ落ち着かなくなり・・・ 午後は、片方のPCでWBC速報(自動更新版)をつけっぱなしにして、もう片方のPCで書類作成でした。 息子からも2,3分毎に実況中継メール。 終盤の攻防、延長、そして優勝!!! イチロウもダルビッシュも、もちろん岩隅も昨日の松坂も頑張りました!特に、なんやかんや言われたイチロウ・・・最後はさすがです!! 今日は、夜まで会議ですが、深夜にでもたっぷり再度の感激を味わわなくっちゃ

春が来た5

花粉症はまだ相変わらずだが、今週は気温が高かったので久しぶりにゆっくり家の周囲を見渡すと、花ニラ、黄水仙、ムスカリ、いちご、そして名前を忘れたツル性のお花…etcが、それぞれけなげに花を咲かせてくれていた。小さいながら桃のつぼみも膨らんでいる。 主があまり手入れしなくても、しっかり季節の変化を感じて育ち、逆に季節の変化を私に知らせてくれる。毎年のことだけど、植物の生命力を感じる 朝から息子たちは、各々友達と旅行にドライブに出かけた。夕方に夫が帰阪するまで、久々にのんびり優雅に休日しよ〜っと

リフォームで感じたこと

リフォームもほぼ終了し、一昨日から真新しいお風呂に浸っている ユニットバスは工業製品なので様々な快適(と思われる)機能が付いているが、何と言っても家自体は25年以上前のものなので、古い設備を解体して電気・ガス・水道などの設置条件を整えないと導入できない。数日間に渡って各分野の下請け職人さんが順次出入りし段取りよく仕上げてくださった。ときどき、事前の打合せにはなかった事態が発生しても、ベテラン職人さんが手際よく対応してくれる。 情報システムの構築は、よく建築に例えられるが、旧システムからの移行やインタフェイスでは、トラブルことがしばしばある。ネットワーク、データベースなどの専門家が職人さんに当たるのだろう。 顧客との関係、専門家同士の分業とコミュニケーション、元請のマネジメント能力・・・若い業界であるIT業界だが、ベテラン職人さんが支えているともいえる建築業界に学ぶことは多いのかも知れない。 ・・・なんてことを考えながら、ついつい居心地がよくなったので長風呂をしてしまった(⌒∇⌒)

e-tax初体験5

昨日の深夜(今日未明)に確定申告を無事終えました。
今年は、e-taxでやろうと決めていたので、電子認証用のカードは早くからとっていたのですが、カードリーダをアマゾンで買ったのが今週初め、従来から利用している青色申告ソフトへのデータ入力を終えたのが2日前、そして昨夜の申告作業となったのです。

結構疲れました。自営業者が自分で使いこなすには、まだまだ改良が必要なのではと感じました。
昨年まで使っていた方法、確定申告書作成サイト(https://www.keisan.nta.go.jp/h20/ta_top.htm)を利用して印刷⇒郵送の方がわかりやすくて便利だと感じました。

手続きの手順やマニュアルは結構準備されているのですが、逆にあちこちのサイトで同じ説明が重複していてどちらを優先すればいいのか、手順どおりにやってゴールに何があるのかがよくわからない・・・私の勉強不足もありますが・・・結局、同じことを達成するのに2つの方法があることがわかって、使いやすい方法で無事終了するまで2時間くらいかかったかも・・・ふらふら

国は、e-tax(電子申告・納税システム http://www.e-tax.nta.go.jp/)とSaas(ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをインターネット経由で利用できるようにしたソフトウェアの配布形態)で、小規模事業者のIT化、特に会計処理の電子化を推進しようとしています。
e-taxサイト(http://www.e-tax.nta.go.jp/)の情報によると、所得税の電子申告の利用件数が平成20年度はすでに280万件を越えているとか・・・確か、今年の初めにとあるところで聞いた某税務署長の挨拶では、確定申告の電子化比率が昨年は35%で、今年の目標は60%だとか。

でもこのうち、税理士さんの手を借りないで自力でやっている人はどのくらいいるのでしょうか?
そう言えば、3年前に人に先駆けて電子申告にチャレンジしようと試みたときには、税務署の方に「税理士さんには利用普及を勧めているが個人には印刷の方がお勧め」って言われてくじけたことでした。

私の仕事上の立場は、ITをうまく利用して自計化(自社・自分で経理処理を行うこと)を進める方なので、e-taxももっともっと普及してほしいのですが、ほんとに国民に分かりやすく使いやすい制度になるには、まだまだ時間がかかるなぁ〜私のe-tax初体験の感想ですウインク

住みながらリフォーム4

今朝から浴室と洗面所のリフォームが始まった。工期は約一週間。築25年を越えて、前回のリフォーム時にも手を付けず、かなり傷んでいたお風呂周りふらふら 風呂釜と給湯器が揃って具合悪くなったので決断した。

夜の仕事や会議のない時期を見計らって、昼間は留守にしても鍵やご近所の対応にも責任もってくださるとのことで工事を任せることにした。
今日だけは初日なので自宅で仕事・・・といっても確定申告の決算処理・・・をしている。今日はまず解体の日なので、かなりの騒音で数字のミスは避けられないかも・・・あせあせ

洗濯は屋外で、お風呂は近くのスーパー銭湯に、東京や京都から随時帰阪する夫・息子も含めて、今週は非日常の生活だ。

世間の消費が低迷している中で、リフォーム会社とその下請けさんに気持ちよく仕事していただけて、我が家のバスタイムも快適になるのだから、感謝の気持ちで一週間の不便くらいは、我慢我慢わーい(嬉しい顔)

一方では・・・

創業塾の受講生の方の個別相談や普段の経営相談を受けていると、当然のこととはいえ、厳しい世情を反映した相談や、人生の岐路で決断を迫られて悩んでいる方の相談を受けることも少なくありません。

まだ50代の入り口で急にご主人を亡くし、姑さんと先祖代々の広い家屋敷が残されて、何とか奮い立ち自分の好きなことでこの土地を生かそうと頑張る女性、自分自身が派遣切りの不安と戦っている中でお母さんの病を知らされ、商売で自立することの覚悟を決めた若者・・・

私自身の限られた経験の中からアドバイスできることはほとんどないほど、彼ら彼女らの言葉は重いです。お話を聞いて、知っていてほしい最小限のことを伝えるのが精一杯です。

でも、どうか元気を出して、神様はその人が乗り越えられないほどの試練は与えないらしいから・・・どうか乗り越えて欲しい。そう願うばかりです。

ここからがスタート!5

1ヵ月に渡って毎週土日を丸々費やした創業塾が先週無事終了しました。最終日には、全員が自分のビジネスプランを発表し、互いに「実現できそうなプラン」について投票していただきました。事務局の計らいで、優秀賞には今後役に立つであろうビジネスグッズの商品まで用意されているという、受講生の方々にとっては、たいへんモチベーション高まる試みでした。

今回担当した私たち講師陣が事前に打合せして、事業の環境分析から、事業の核を決定し、マーケティング、組織、実行計画、数値計画の概要までを、1枚のシートに表現していただくという方法をとったのですが、これが思った以上に効果的で、多くの方が「自分が漠然と考えていたことが明確に整理できた」と好評でした。(自画自賛か?)

受講生は、7割方が女性で主婦も多く、毎週末に子どもさんを実家に預けて出席されている方もいて、皆さんの意欲と集中力には、逆に元気をもらったようにも感じます。

最終日には、深夜まで懇親会で盛り上がったのですが、翌日には、さっそく個別相談を行い、開業する自宅周辺の写真をとって持参されたり、準備中のHPやパンフレットを見せていただいたり、より具体的なお話を伺いました。

感心したのは、この期間に学んだことを生かして、さっそく開業予定の看板を立てたり、商材探しに走ったりと、実際のアクションを起こしている方が複数いたことです。

終了後、一週間が過ぎ、メールやお葉書をいただいた方もあります。4月からオープンするという方もおられます。創業塾の終了した、これからがほんとのスタート! 春の陽ざしの中でいいスタートができるよう頑張っていただきたいと願っています。

プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
携帯サイト
QRコード
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    ギャラリー
    • 今年一年ありがとうございました!
    • 天の時、地の利、人の和
    • 新サービスのご案内『働きがいのある会社診断』
    • 初心を思い出させる年賀状
    • 2014年も皆さまのビジネスパートナーとして精進します!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 惜別
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 小冊子のご案内 「トップの一言でこんなに変わる! 」
    • 第8回ピザの会主催ビジネスプランコンテストを終えて
    コメント
    Amazonおすすめの本
    • ライブドアブログ