ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と各々マイペースで暮らしています。

2007年02月

携帯サイトkaty5

携帯版の自分のサイトを無料で簡単に作成できるサービスが登場した。「katy(http://katy.jp/)」と言うのがそれ。
ちなみに私は http://katy.jp/kits/ というURLでテスト作成しました。(内容はまだありませんが・・・)

パソコンのサイトは持たなくても簡単にお店の情報を発信したりクーポンを発行したり(これは有料ですが)できる優れもの。
商店街の店主の皆さん、ぜひチャレンジあれ〜^-^/


★私はkatyの営業マンではありませんが、この運営会社の経営陣にはmixiの経営者も参画しているようです。

少子化対策5

国の少子化対策の一環として、企業での働き方の見直し、すなわち育児と仕事との両立が可能な働き方を支援する「両立支援」というのがあります。
現在、大阪府下のいくつかの企業の両立支援に関わっているのですが、先週ある企業で実際2回の育児休業を経て仕事を続けている女性にヒアリングをした際のこと。
「私が話した内容は会社に全部言うのですか?」
「あなたとは初対面だけど私はプロですから信頼してください」
「・・・会社には全く言っていませんが、実は上の子が小学校に入る2年後には会社を辞めるかも知れません。正社員の勤務時間では保育園は延長保育で何とか頑張っているけれど小学校低学年は早く帰るので心配なんです。」

そうなんです。私も経験あるからよ〜くわかります。
赤ちゃん時代は、おっぱい・おしめがたいへんだけど、保育者を確保できれば何とかやりくりできる。親子は一体化しているから。

子どもが小学校に入って自分の世界を持ち行動し始めると、だんだん親の(仕事の)都合では動いてくれなくなるんです。
世間には学校から帰るといつもお母さんが家にいる家庭もあるんだ〜ということもわかってきます。
子どもが大きくなってから両立で苦労することも多いのです。

中学、高校と学年が上がるにつれて、確かに手はかからなくなるけれど、行動範囲はどんどん広がり親の心配の規模も大きくなります。

現在の両立支援策は、出産から3歳児くらいまでのすなわち物理的に手がかかる時期の対策が中心で、子どもの発育・成長に合わせてある意味精神的に親の負担が大きくなることに対してはほとんど考慮されていません。

せっかく育児休業から復帰したのに結局数年で残念ながら辞めてしまう女性や、一人目は頑張ったのに二人目で精力尽き果てて辞める女性が少しでも減るように、どうか少子化対策の立案にはもっと現場の実際のニーズを反映してもらいたいものです。

この企業には、
・短時間正社員制度の導入の検討
・育児休業や介護休業の従業員が出ても業務が円滑に回るための業務の進め方の検討
を宿題としてお願いしました。

子どもがいて子育てをしながら仕事をするのが「当たり前」の社会になるまで、あきらめないゾ〜
この女性とも約束しました ^-^/

花粉症の季節到来1

2,3日前から鼻の奥にイヤな予感を感じていたのだけど、ついに今日来ました。今年の花粉症発症!

朝からムズムズしていたのが、夕方になると一気にハックショ〜ン! >_<
仕事先の方にも、「帰り道の車の運転気をつけてください」って心配されてしまいました。

帰り道、スーパーの買い物に寄ると、今日は結構目立ちます。立体マスクの人、従来型のマスクの人、マスクなしで涙目の人。皆んな今日は苦しそう。
ちなみに私はマスクがないのでハンカチで押さえて鼻水すすっている人でした。

家に着いて花粉(らしきもの)を洗って常備薬飲んで、やっとムズムズが一段落したところです。

ああ〜これから桜の季節までが憂鬱・・・

長〜い一日5

・朝、出勤前。
 昨日名刺交換した方にある後輩女性を紹介(仕事です)する旨のメールを送る。
・出勤直後
 別の昨日名刺交換した方の情報をある仕事仲間に連絡。4月以降の仕事につなげるための下準備。
・午前中
 週3日勤務している支援センターで種々の業務処理。電話、メール、直接面談・・・。合間に支援している女性起業家から一日遅れの手作りバレンタインを戴き周囲にお配りする。
・午後〜
 支援センターに応募された起業家の事業計画の審査会。皆さんのプレゼンと質疑応答で5時間近くの長丁場。プレゼン者の熱い思いにジ〜ンとくる瞬間も。審査員さんお疲れ様。
・そして移動〜
 今日の最後の仕事。某大学の女性経営者向けセミナーで起業家や中小企業向け支援策の説明。
待ち時間にメールチェックすると、朝の紹介した仕事が成立しそうなこと。昨年から産休に入っていた知り合いの女性新聞記者さんが無事出産されたことなど、嬉しいメールが数件。
セミナーの持ち時間では、私流「公的支援を活用するための心得」を伝える。セミナー後受講生である元気な女性経営者(およびその卵)の方たちと名刺交換&情報交換。

そして帰宅。世は更けてゆく・・・

人と人、ビジネスとビジネスをつなぐこと、伝えることに多くの時間を使った一日だったなぁ〜
でも今日の疲れは何故か心地良いんです ^-^/

ハビキネーゼ5

移動中の車の中でラジオから流れてきたコマーシャル。

私の好きなジャズシンガー綾戸千絵さんが発した言葉を聴いて思わず顔がゆるんだ。

大阪のおばちゃんは〜〜(この辺あいまい)
そして、羽曳野のおばちゃんは「ハビキネーゼ」!!

おお、東京のシロガネーゼに対して、ハビキネーゼとは!
正に、羽曳野市の住民&大阪のおばちゃんの私にふさわしい素敵な表現?!?

皆さん、これから私のことは「ハビキネーゼ」と呼んでください ^-^/

(肝心のなんのCMだったかは忘れたなぁ〜)

<追記>
昨日、同じハビキネーゼの妹と話していて、何のCMだったか判明しました〜

あの「コーヒーにブラ●ト〜♪」のラジオ版がFM大阪で流れていたみたいです。

CM情報サイト
ネ●カフェ・ブラ●ト「綾戸智絵」篇(千絵は間違いでした)
http://jp.nescafe.com/tvcm/brite02
もあります。
こちらは、TV版のCMはダウンロードできます。
ラジオ版はサイトでは見つからなかった〜

ご存知の方は教えてください ^-^/

鹿児島出張<番外編>5

6817ba21.JPGセミナーの後、9時半ごろからいよいよ市役所の某氏のご案内の下、食事に向かいました・・案内していただいたお店はカウンタの他にはテーブル3つくらいとこじんまりしていたけれど、鹿児島や奄美の焼酎が互いの姿を競うように並んでいました ^-^

「魔王」「森伊蔵」「富の宝山」・・いつの間にか焼酎の銘柄をいくつも覚えてしまった私ですが、案内役の方の「『村尾』あるんですか〜〜!」の一言でいっぱい目の銘柄は『村尾』に決定〜! とってもまろやかですぅ〜っと飲める味でした。

カツオのはらがわ鹿児島は黒毛和牛、黒豚、地鶏と食べ物も豊富。魚介類の好きな私は、きびなごや「カツオのはらがわ」などの地元ならではの食材もいただきました。

二杯目は『天使の誘惑』というかわいい名前の焼酎。こちらは先の村尾よりもずっと自己主張の強いお酒でした。

初対面にも関わらず、お酒も食事もおしゃべりも進み、気がつけば日付が変わって・・・

とても楽しいひとときでした。
きびなご鹿児島のHさん、同行いただいたなーちゃんさん、たいへんお世話になり、ありがとうございました。

(帰ってから調べると、どちらも市場価格はたいへん高価なもの。昨年の宮崎に引き続き地元の観光・飲食業に貢献した次第です。)

 

鹿児島出張報告5

5350968b.JPG

だいぶ前から楽しみにしていた鹿児島出張から帰ってきました〜 天気予報で気温があがるとは聞いていたけど、ほんと街は「春」で道端には色とりどりのポピーが咲いていました ^-^

そして、街中の交差点からも商工会議所のビルの窓からも「桜島」が真正面に・・地元の市役所の方は「今日は曇っていてちょっと残念」とおっしゃっていましたが、初めて見る私には地元のシンボルとしての堂々たる姿が印象的でした。

もちろん、『かごしま商人塾』でネットビジネスについてお話しするのが主目的ですから、ちゃんと仕事をしましたよ。
桜島2シャイな人が多いと聞いていたのですが、質問もたくさんいただき予定時間をオーバーするくらいで、参加者の熱意をひしひしと感じました。大阪の中小企業や起業家の紹介も交えながらあっという間の2時間半でした。

これから、もっともっと地域間の交流も進めなければ〜と思った一日でした。桜島3

リラックス・グッズ4

0f089603.JPGいつもは食材の仕入れ中心の生協で、座椅子の上に置くだけで簡易マッサージチェアになるグッズを見つけて注文した。
シートマッサージャー3980円也。
背中、腰、ももの3箇所がそれぞれ別々に作動するというもの。

食後のリラックス(うたた寝)に愛用しているが、野球部の練習で疲れて帰宅の息子にも大好評。

柔軟なので寝具の上に平らに置くこともできるみたい・・

そのまま眠るといけないので一定時間でオフにはなるが、何といっても温泉などと違ってコイン入れずに好きなだけ使えるのが嬉しい ^−^

手軽に極楽気分&疲労回復〜これはお奨めです!

大臣の失言〜続編1

週末なので朝のTV番組見ていると、どの番組でも厚労相の問題発言について一週間分の報道がされています。
そうかあれから早、一週間。

で、私の疑問。

★その1★
野党は審議拒否以外に、有効な手段がないの?

★その2★
与党(の一部)は選挙に勝てないから辞任させようとしているの?

これまでの国会の慣習ではそうなんでしょうけど、国会で決めようとしている予算等の法案の重要性(影響力)や、国会運営に使われている税金(を納税している私達の負担)を考えると、もうちょっと「マシ」なことできないのかなぁ〜
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
携帯サイト
QRコード
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    ギャラリー
    • 今年一年ありがとうございました!
    • 天の時、地の利、人の和
    • 新サービスのご案内『働きがいのある会社診断』
    • 初心を思い出させる年賀状
    • 2014年も皆さまのビジネスパートナーとして精進します!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 今年もピザの会主催ビジネスプランコンテストを開催しました!
    • 惜別
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 「きらめき企業会」の勉強会にて
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 女性のキャリアプランニング研修
    • 小冊子のご案内 「トップの一言でこんなに変わる! 」
    • 第8回ピザの会主催ビジネスプランコンテストを終えて
    コメント
    Amazonおすすめの本
    • ライブドアブログ