ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

2006年09月

若者のビジネスプラン2

またまた、ビジネスプランへの苦言。

 ⇒前回は、儲かるビジネスプラン?(9月3日)

最近、仕事の上で20代や30代の若者のビジネスプランを立て続けにいくつか見る機会があった。
決して、「いまどきの若者は・・」などという決まり文句を言うつもりはない。

「ビジネスプラン」については、それなりに勉強すれば書けるかも知れない。「ターゲット顧客のしぼり方」や「マーケティングの4P」も知識としてはきちんと書けている。
また、あるものは、社会正義や社会貢献にかける意気込みに満ちている。

しかししかし・・である。

どうも、プランに魂が入っていない。読むヒト(私や私の仲間)の心に響くものがない。

これは、「ビジネスプランの書き方」などという、テクニックの問題ではない。
自分自身がどんな専門的知識や経験に基づく「強み」を持っているのか、自分で「強み」と思っていることが世間でほんとに通用するのか・・プランを実現するには、どんな課題が待ち受けているのか? どうも、現実の社会でのビジネスとして検証する力が不足しているように感じられる。

ITやネットワーク技術の進歩で、新しいビジネスモデルが次々と可能になり、少ない資本でビジネスが可能になった。

しかし、そのことと、自分の経験と知識で同様のビジネスを実現できることとは、別である。

もっともっと自分のプランと真剣に対峙して、悩みぬいてほしい。自分が「できそうなこと」を「自分ならではのこと」に高めてほしい。

・・ ため息とともに、心からそう感じた。

今日も野球応援5

日曜日は、恒例の野球応援。朝は5:30起き。7時には、皆息子の高校のグランドに集合して相手校のグランドに向かって出発〜!

私の車の免許なんて、ほとんどこのために取ったようなものなんです・・・

文武両道をうたっているとはいえ、自校のグランドは狭く、他のクラブとの共有。したがって、公式戦のみならず、練習試合もほとんどビジターとなります。

でも、何故か、野球少年のママたちには共通項があるのか、道中でもグランドでも野球や野球以外の話題に花が咲き、体力的には結構きついけど、楽しい休日を過ごしています。

ポイントは、「息子が活躍すればよし」ではなく、「息子が活躍しなくてもそれもまたよし」、野球そのものを楽しめるか、チームの応援団になれるか、ということ。

それと、仕事を通じての付き合いと違って、素顔&裸の本音のつきあいができるってこと。父も母も仕事での役職や立場でななく、、同じひとりの親ばかに徹していられるこの気楽さ〜。

小学校時代のチーム、中学野球部、そして高校の野球部と、3つのママ仲間を持てて、私は息子にとっても感謝しています。

世話がたいへん、自分を犠牲にしている・・・という意識をもっていると、当然楽しみは半減し、疲労が溜まります。

子育てってすんでしまえば、あっという間、高2の息子と一緒にあと一年、親も楽しませてもらいましょ ^−^

久々の両立ネタ・・・4

久々の仕事と育児あるいは家庭生活の両立ネタです。

企業(とくに経営資源の乏しい中小企業)にとって、『従業員がプライベートな生活や育児を充実させながら、自社の業績に貢献してくれる・・・そんな業務のあり方を考えましょう〜』 そんな言葉を、経営コンサルタントたる私が社長に発しようものなら、「きみ、そんな理想をいってたら、うちみたいな中小企業は食っていけないよ!」 という反応が返ってくるのが、これまでの大勢でした。

けれど、世の中は、進んでいます、いや、変化しています。

知ってますか? 

育児休業者が休業後、きちんと職場に復帰を実現すれば、「企業に対して」補助金が出ることを!

両立を推進する企業の提案に対して、大阪府が奨励金を出していることを!

私は、昨年度から、この分野の事業にも少し関わっています。

立場は、「有識者」とか「専門家」とかなんですが、ほんとは、自分や自分の周囲の体験に基づき、こうなればいいな〜という本音でやってるだけです。(ちょっと恥ずかしい)

それでも、自分がアサインされるのは、きっと私の年代で「実体験に基づく専門家」すら少ないからなんだと思います。

ほんとは、私が「数少ない」専門家などではなく、ごく普通の存在になることが、私の目指す「女性(も男性も)がキャリアとプライベートの両立を図りながら能力を発揮できる社会」に近づくことになるんですが・・・

でもそうなったら、私の仕事は減るのかなぁ? ちょっと心境複雑です ^−^

ビジネスマッチング4

今日は、大阪府中小企業支援センターでの仕事として、事業化交流マッチングという、100社規模のビジネスマッチングにコーディネータとして参加しました

「ドリコム」やネットショッピングモールの運営で急成長している企業の方を交えて、ブログを活用した自社の販路開拓・情報発信について、意見交換をする機会があったんですが、「ブログ」や「検索エンジン」の動向を知識として得ようとする人、「どれだけ売上が伸びるか」を始める前に担保しようとする人・・・

既存の商習慣の中に長く居た方(=多くは中高年の男性)ほど、情報発信やコミュニケーション系のITには、まだまだ懐疑的だったり、臆病だったりしますね。

できる範囲でいいから、はじめからうまくやろうとか、効果をあげようと思わなくてもいいから、まずブログでも何でもトライして発信してみてほしい。

そしたら、きっと自社商品の販路拡大への活かし方も、自分の確かな実感として見えてくるよなぁ〜って感じました。

そういえば、常に経営革新に挑戦している企業の経営者って、年齢に関係なく情報感度のいい方が多いですね。

見習わなくっちゃ〜!


 

「儲かる」ビジネスプラン?

昨日は、ピザの会ビジネスプラン作成セミナーの第3回、テーマは『自分の事業ドメインを決定する』・・・つまり自分が何を(商品・サービス)誰に(顧客・市場)売って儲けるのかを考えることでした。
ここでは主に、自分の強みを明確にして商品力の有無やターゲットとなる顧客を検討するのですが、参加者の多くは商品は決まっているけれど、誰にどのくらい売るのか、それで果たして儲かるのか(利益が出るのか)ということまでイメージできていないように見受けられました。
具体的な売り方や数値計画は第4回以降のテーマで考えるのですが、自分のイメージとして「好きなことを仕事にしたい」ということが「利益を生むビジネス」になるのか、しっかり見つけていただけるように主催者として頑張らなくっちゃ〜と思います。

9月1日4

a6f3db00.JPG朝から、妙に涼しい風が・・そうだ、今日から9月だ。たぶん、もう一度は暑さがぶり返すだろうけれど、確実に季節は秋に移ろうとしている。玄関の外で飼っている「カメ吉」のえさの量、活動量も少し減ってきた。朝のテレビでは、関東大震災の記念日で防災対策特集。大好きな70年代のフォークをPGMに防災の心得をきく。

朝一番のアポイントがなかったので、比較的ゆったりの朝。ゆっくりめのブランチ。今年の夏はほんとに酷暑で、日記もかけない日が多かった。(あんまり因果関係はないか・・)

年々体力的には無理が利かなくなるのに、今年の夏は「ピザの会セミナーの実施・運営」と「高校野球応援」頑張ったよね〜と自分で褒めてみる。もちろん、これ以外に仕事もそれなりにやってますが・・・

そして、こんなゆったりの時間に妙に新しいアイデアが浮かんだりするのです。

さあ、アイデアが消えてしまわないうちに、仕事始めよう!
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ