ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。 皆さんのお便りお待ちしています。

バッティングセンター3

富田林のお店紹介がきっかけで仲間とはじめたブログなので、今日は行きつけのお店の紹介です。

何のお店かというと、バッティングセンター。今日紹介するのは、富田林商工会館(ふだん商連のIT委員会をやっってるところ)のすぐ近くの「バッティングセンターニュー富田林」。野球部の息子がちょくちょく利用させてもらってます。

バッティングセンターの紹介サイト から、または お店自身のホームページ をご覧ください。

自分のフォームをビデオ録画してもらうことも可能です。

b2d4b2c9.JPGたまには、私もスローボールの打席で打って(振って?)ストレス解消してます。いい当たりだと気持ちいい〜

写真は、野球つながりということで、夜の東京ドームです。単身赴任のパパさんが通勤途中とおるところで、携帯メールで送ってくれました ^−^

よくできる子?3

6月の花〜ゆり〜奈良の高1生が自宅に放火した事件、とっても心が痛みます。長男がこの少年と同じ高校に通っていたし、次男は別の高校2年生ですがよく似た年齢だし・・・

おまけに私は結構口うるさい母親だからです! 

成績や日常生活などで、やっぱり親としてはわが子だからこそ、注文も多くなるんですけどね・・・

表面的な結果や数字ではなく、心の内側を見つめていかないと〜と、つくづく考えさせられます。

晩ご飯のときにそんな話をして、さて早朝4時。

リビングのテレビの前で次男と私、長男は自室のラジオでと、全員(主人は単身赴任中なので)サッカーブラジル戦のために起きていました。

次男は、日本がゴール前にいいパスを出すと、思わず椅子から飛び上がって自分自身がヘディングのアクション!! 私はお腹をかかえて爆笑です。

おかげで今日はとても眠たいけれど、こんな時間を共有するのも、子育てのうちかな ^−^

写真は我が家の6月の花「ゆり」です。もう10年以上もこの季節を楽しませてくれてます。

少子化対策5

地元選出のある国会議員さんとどこかの会合で名刺交換させていただいてから、その議員さんからのメルマガが定期的に届きます。いろんな法案についての活動報告がされていて、関心のあるテーマのときは結構おもしろく拝見jしています。今日は、「高齢化と少子化」。

少子化問題については、私も一応2人を出産(2.0クリア)した身だし、仕事で企業の両立支援に関わっていることから、非常に関心があります。

働く女性が増えたのに両立できる環境が整ってないとか、子育てにお金がかかるとか、原因はあれこれ言われますが、「より根本的には、家庭における子供の役割、つまりその存在意義が近年大きく変化したことが影響しています。」と彼のメルマガは主張しています。

私流に解釈すれば、根本的にこの世に生まれ与えられた自分の命を全うする中で、家族・子孫を増やし育むことの意義を見直し、子育ての楽しさをもっと味わおう! っていう価値観が大切だということです。

ほんと、子育てはしんどいけれど、自分の思うままにならないけれど、丸ごと受け入れてあげられる存在ってイイもんです。

まだ、完了とは行かず、現在も進行形ですが、この年になると、仕事の足かせよりむしろ励みになってる感じです。

ようこそオフィスKITSへ!

http://www2.odn.ne.jp/kits/  企業のIT化と女性のキャリアアップを支援するママさん中小企業診断士&ITコーディネータ北口祐規子のホームページです。

http://www.w-pizza.com/  起業家・企業内で働く女性・働きたい女性たちを応援し女性のキャリアアップを支援する、関西在住女性中小企業診断士のグループ「ピザの会」のページです。

ブログの活用4

仕事を通じて知り合った方たちが、ブログを活用していることが多くなっています。 特に20代から30代にかけての若い世代の起業家たちは、ごく自然に自分の想いを表現しながら、うまくビジネスに結びつけています。

今週訪問したある企業では、経営者の息子さんとその友達(まだ皆んな大学生)が、授業が終わるとお父さんの会社に直行し、CAD図面の作成などの仕事を手伝いながら、ブログで仕事の様子を発信しています。 ブログを知ったのは、ある展示会で出会った同じ20代の起業家からの情報で、ブログを立ち上げてすぐに遠方の方から、ネットを介して仕事を手伝いたいとの申し出があったとか・・・

彼らの柔軟な発想力、素早い対応力といったいい面をもっともっと伸ばしてほしいですね。そして、既成概念にとらわれ、既存の枠内でしかビジネスを展開できない大人たちに大いに刺激を与えて欲しいなあ。

彼らのブログ:

http://ameblo.jp/eriko-ayako/

http://hanwa-ex.cocolog-nifty.com/blog/

http://blogs.yahoo.co.jp/dreame_space/

 

私のブログの仲間たち(トンタン1号〜7号)は中年のおじさんたちですが、気持ちはもちろん若者。商売繁盛、地域活性化を目指して、新しいものにも果敢にチャレンジしている楽しい方たちです。

負けずにどんどんブログを活用したいと思います。

ビジネスプランと人間力3

昨日は、私が週に3日勤務している大阪府中小企業支援センターで、ビジネスプランの評価委員会がありました。大阪府だけでなく、他の府県でも同じような制度があるのですが、優れたビジネスプランと評価された方には、奨励金・補助金といった資金支援や、技術・マーケティングなどあらゆる分野での専門家のアドバイスなどノウハウ面での支援などがあり、うまく活用すれば、創業期の企業には、たいへん有益な制度です。

私は、この仕事のお手伝いをさせていただいて3年目になるのですが、多くのビジネスプランや起業家の方を拝見していて、いつも感じることがあります。それは、「人間力」とでもいうものです。

「こんないい製品なんだから絶対に売れる」「こんなアイデアは誰も思いつかないに違いない」「自分の技術力はかなりのレベルのものだ」・・・

多くの場合、起業家の皆さんは、自分がはじめようとするビジネスの独創性や優位性などの点で自信を持っています。自分のプランに「熱く」なっています。

しかし、実際に始めてみると、「計画通り(思うように)進まない」「思ったほど売れない」ということが、ままあります。

「熱い想い」「客観性(冷静な目)」をバランスよく保つことは、非常に難しいことですが、事業を進める際には、参入する事業分野での自分の力量を見つめなおすことや、世間のニーズを客観的に判断することは、避けて通れません。

「やりたいこと」 と 「できること」 そして 「求められていること」 は、少しずつ違うのです。

「自分の力量が見える」ということは、「自分の足りない部分が見えてくる」ということにつながります。そして、これが見える方には、先に書いたいろんな支援策がたいへん有効なものとなります。

私は、自分なりの定義でこれを「人間力」と呼んでいます。「中小企業や創業期の企業の業績や成長は社長の人間力に依存する」と言ってもいいほどです。

そして、私自身も、起業家をご支援するために自分の人間力をもっともっと高めないと・・・そんな想いを新たにしたことでした。

母の日5

日曜日は母の日でした。私は例年通り、ご無沙汰している姑さんには、日にち指定便でお花をプレゼントしました。今年は、オリエンタルリリーの鉢植えでした。

さて、我が家の息子達は・・・こちらは例年、長男は将棋の大会、次男は野球の練習(または試合)と、母の日どころではないのですが、今年はちょっと違っていました。

次男は、たまたま野球部の練習がお休みだったので、買い物での荷物持ちなど、母の用事に一日同行してくれました。長男は、将棋の大会帰りに、プレゼントを買ってきてくれました。お風呂でリラックスできるバスタイムグッズでした。

なんだか、うれしい〜〜いい気分でお風呂に入れた日曜日でした。

 

 

富田林探検隊のブログ教室4

大阪は富田林市の商業連合会のIT委員会のメンバーたちと「富田林探検隊」というホームページを」作っています。今日は、IT委員会の例会で委員の皆さんと自分のブログを作ってみよう〜ということになりました。これから皆んなで続けようと頑張っています ^−^
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ