ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。 皆さんのお便りお待ちしています。

まさかの敗退1

昨日、あいにく私は仕事で応援に行けなかったけど、息子たちの野球部の夏の高校野球大阪大会1回戦がありました。

夕方、めずらしく息子から携帯に着信あり。

8−7で負けた・・・・・(試合経過を順に説明してくれました)

先輩たちの夏が終わった。泣き崩れる先輩にかける言葉もみつからないけど、明日からは新チーム。何だか心の準備ができないままに向かえた状況に心の整理がつかない様子。

ネット上の掲示板にも

> 私学の強豪の清教学園が1回戦負け。
> 信じられません、3年生の最後の夏が終わりました。
> 新チームで無念を晴らしてください。
とある。

先日のワールドカップのオーストラリア戦もそうですが、何となく初戦は勝てると周りが思ってたのに対して、選手は初戦の緊張で実力出し切れなかったんろうか? 相手が思ったより力があったのか?

いずれにしても、勝負の世界、ましてやトーナメント戦は厳しい、残酷です。

でも、青春まっただなか、大いに悲しみ、そして、立ち上がってほしい。若者たちにとって人生はまだまだこれからなんだから!

何かに打ち込んで必死になれる君たちがうらやましいな〜

さあ、私もぼぉ〜っとしてないで、自分の仕事にうちこまなくっちゃ ^−^/

少子化対策つづき4

 

ブログをはじめて最初にコメントを下さった知り合いの女性企業家の最近のブログに、こんな記事を見つけました。

働く母親が多いのになぜアメリカは出生率が高いのか!?

育児休業制度の充実や、経済負担の軽減よりも、男性(夫)の「共に家事・育児を」という姿勢が女性が子供を産み育てるモチベーションとして有効なのでは・・とおっしゃっています。

84fcb2ea.JPGたしかに、日本人の男性たちは、あまり家事・育児を分担しません。また、シャイだからか、家事や育児の能力があること、やっていることを自分のプラス評価としてアピールしません。

逆に自分の着替えの場所すらわからない無能ぶりを、妻の優秀さや夫婦円満度に置き換えて自慢する方もあるくらいです。

プライベートな夫婦の関係なら本人が納得していればそれでもいいのでしょうが、この論理が企業内や社会で多数派となると、大いに問題です。

実際、子供の世話以上に夫の世話に手を焼く主婦を私は何人も知っています。

実は、1.25人+1人(夫)の育児を日本の女性は担当しているのかも知れません!!

私が最近感じるのは、本当の意味での成熟した自立した重みのある大人が少ないということ。

幼い子供たちや妊婦さん、あるいは年齢を積み重ねた高齢者たちを大切にする本当の大人、またそんな社員を大切にする企業、そんな大人たちが増えれば、自然と出生率は回復するだろうし、自己中心的な子供じみた大人が増え続ければ、子供を産み育てることは減少を続けるだろうな〜

まだ、十分表現できていませんが、また、次回つづけます・・・

 

高校野球開会式5


夏の甲子園めざして大阪大会が今日開幕しました。開会式2夏の暑さに負けない熱戦を私たち親も応援です〜今日は開会式で入場行進を見てきました(^_^)v プロが注目する選手も9人やっとのチームも同じ高校生。青春をしっかり楽しんで欲しいなぁ〜・

ワーク・ライフ・バランス4

7a1dfa01.JPG

少子化加速とか、出生率が下がったとか、マスコミでもよく耳にしますが、自分の周辺ではどうでしょう? 実感できますか?

私の実感では、息子達のPTAでは子供を持つ親の集まりですから、子供が居るのは当たり前の世界ですよね。

ところが、仕事の場で出会う特に40代前半以下の若い世代の方々、とりわけキャリアのある女性たちの中には、子供の居る方がたいへん少なくなっているように感じます。

統計をとったわけではないけれど、赤ちゃんを一人産んだ方が経済的に二人目を産めないというよりは、(結婚しているいないに関わらず)一人も産んでいないケースが多く、出生率の低下の要因になっているような気がするのです。

ワーク・ライフ・バランスってことが言われます。「仕事」と「私生活」のバランスがとれた充実した人生を送ろうという考え方ですが、仕事が忙しすぎてプライベートな時間がとれないというケース、趣味や交友で私生活も充実しているがそこに家事や出産・育児が入り込む余地がないというケースが結構あるように感じます。

私は、昨年から大阪府で中小企業に対する経営と雇用環境のバランスを図り、両立を支援する事業に関わっています。少子化は他人事ではなく、自社の人材を確保し事業を行っていくことに密接に関わる重要な課題であることに、早く多くの経営者(ほとんど男性)に気づいてほしいと願っています。

写真はこの事業のシンボルとなる標語「子育てに会社も応える新時代」のポスターです。大阪の町で見かけたら教えてください。

ネットショップセミナー開催5

タイトルのとおり、7月26日(水)中之島図書館文芸ホールにて、富田林のブログ仲間とネットショップに関するセミナーのゲスト/講師を務めます。

そのセミナーの案内ページができました。

中之島図書館ビジネスセミナー:ネットショップをはじめてみませんか・2

ご興味お時間のある方は、無料ですので、ぜひいらしてください ^−^

第4回ビジネスセミナー風景

写真は昨年同様のセミナーを開催したときの様子です。

バッティングセンター3

富田林のお店紹介がきっかけで仲間とはじめたブログなので、今日は行きつけのお店の紹介です。

何のお店かというと、バッティングセンター。今日紹介するのは、富田林商工会館(ふだん商連のIT委員会をやっってるところ)のすぐ近くの「バッティングセンターニュー富田林」。野球部の息子がちょくちょく利用させてもらってます。

バッティングセンターの紹介サイト から、または お店自身のホームページ をご覧ください。

自分のフォームをビデオ録画してもらうことも可能です。

b2d4b2c9.JPGたまには、私もスローボールの打席で打って(振って?)ストレス解消してます。いい当たりだと気持ちいい〜

写真は、野球つながりということで、夜の東京ドームです。単身赴任のパパさんが通勤途中とおるところで、携帯メールで送ってくれました ^−^

よくできる子?3

6月の花〜ゆり〜奈良の高1生が自宅に放火した事件、とっても心が痛みます。長男がこの少年と同じ高校に通っていたし、次男は別の高校2年生ですがよく似た年齢だし・・・

おまけに私は結構口うるさい母親だからです! 

成績や日常生活などで、やっぱり親としてはわが子だからこそ、注文も多くなるんですけどね・・・

表面的な結果や数字ではなく、心の内側を見つめていかないと〜と、つくづく考えさせられます。

晩ご飯のときにそんな話をして、さて早朝4時。

リビングのテレビの前で次男と私、長男は自室のラジオでと、全員(主人は単身赴任中なので)サッカーブラジル戦のために起きていました。

次男は、日本がゴール前にいいパスを出すと、思わず椅子から飛び上がって自分自身がヘディングのアクション!! 私はお腹をかかえて爆笑です。

おかげで今日はとても眠たいけれど、こんな時間を共有するのも、子育てのうちかな ^−^

写真は我が家の6月の花「ゆり」です。もう10年以上もこの季節を楽しませてくれてます。

少子化対策5

地元選出のある国会議員さんとどこかの会合で名刺交換させていただいてから、その議員さんからのメルマガが定期的に届きます。いろんな法案についての活動報告がされていて、関心のあるテーマのときは結構おもしろく拝見jしています。今日は、「高齢化と少子化」。

少子化問題については、私も一応2人を出産(2.0クリア)した身だし、仕事で企業の両立支援に関わっていることから、非常に関心があります。

働く女性が増えたのに両立できる環境が整ってないとか、子育てにお金がかかるとか、原因はあれこれ言われますが、「より根本的には、家庭における子供の役割、つまりその存在意義が近年大きく変化したことが影響しています。」と彼のメルマガは主張しています。

私流に解釈すれば、根本的にこの世に生まれ与えられた自分の命を全うする中で、家族・子孫を増やし育むことの意義を見直し、子育ての楽しさをもっと味わおう! っていう価値観が大切だということです。

ほんと、子育てはしんどいけれど、自分の思うままにならないけれど、丸ごと受け入れてあげられる存在ってイイもんです。

まだ、完了とは行かず、現在も進行形ですが、この年になると、仕事の足かせよりむしろ励みになってる感じです。

ようこそオフィスKITSへ!

http://www2.odn.ne.jp/kits/  企業のIT化と女性のキャリアアップを支援するママさん中小企業診断士&ITコーディネータ北口祐規子のホームページです。

http://www.w-pizza.com/  起業家・企業内で働く女性・働きたい女性たちを応援し女性のキャリアアップを支援する、関西在住女性中小企業診断士のグループ「ピザの会」のページです。

ブログの活用4

仕事を通じて知り合った方たちが、ブログを活用していることが多くなっています。 特に20代から30代にかけての若い世代の起業家たちは、ごく自然に自分の想いを表現しながら、うまくビジネスに結びつけています。

今週訪問したある企業では、経営者の息子さんとその友達(まだ皆んな大学生)が、授業が終わるとお父さんの会社に直行し、CAD図面の作成などの仕事を手伝いながら、ブログで仕事の様子を発信しています。 ブログを知ったのは、ある展示会で出会った同じ20代の起業家からの情報で、ブログを立ち上げてすぐに遠方の方から、ネットを介して仕事を手伝いたいとの申し出があったとか・・・

彼らの柔軟な発想力、素早い対応力といったいい面をもっともっと伸ばしてほしいですね。そして、既成概念にとらわれ、既存の枠内でしかビジネスを展開できない大人たちに大いに刺激を与えて欲しいなあ。

彼らのブログ:

http://ameblo.jp/eriko-ayako/

http://hanwa-ex.cocolog-nifty.com/blog/

http://blogs.yahoo.co.jp/dreame_space/

 

私のブログの仲間たち(トンタン1号〜7号)は中年のおじさんたちですが、気持ちはもちろん若者。商売繁盛、地域活性化を目指して、新しいものにも果敢にチャレンジしている楽しい方たちです。

負けずにどんどんブログを活用したいと思います。

プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    Amazonおすすめの本
    • ライブドアブログ