ママさん診断士のてんてこまい日記

ママさん中小企業診断士&ITコーディネータ事務所「オフィスKITS」代表です。 大阪はじめ関西の中小企業のコンサルティングや人材育成支援をメイン業務としています。 女性診断士の会「ピザの会」の活動も頑張っています。 プライベートでは、息子2人と孫1人、日々ぬくもりを感じながらマイペースで暮らしています。

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。 皆さんのお便りお待ちしています。

ピザの会第15回ビジネスプランコンテスト開催報告

全体写真1女性中小企業診断士の会「ピザの会」主催のビジネスプランコンテストの開催報告です。
コンセプトは、「おんなが選ぶ、みんなで選ぶ」‥企画・運営は、すべてピザの会のメンバー(女性)で行い、審査は当日の会場にいる全員(発表者、傍聴者、ピザの会メンバー)が審査員となって行います。
2005年から毎年開催しているので、今年で15回目となりますが、11回目からは「事業ステップアップコンテスト」と名称を変更し、まだ創業の一歩を踏み出していない方ではなく、創業後のステップアップを目指す方たちを対象としています。なので、一度受賞した方でも、さらなるステップアップを目指して、再度チャレンジすることが可能です。

04松本さんそんな私たちピザの会メンバーの想いをくみ取ってか、今年度の金賞は、3年前に奨励賞を受賞された「チアーズ!」の松本真規子さんが受賞されました。3年前より実績を積んで、さらにステップアップしたいという、まさにその通りのプレゼンでした。
昨年度の金賞の「遺言白書」辻さんも、奨励賞からの2度目のチャレンジでした。我々としては、こういった継続支援ができることを、たいへんありがたく嬉しく思っています。

受賞者5人写真1もう一点は、今年度の事業プランのテーマが、「働く人を元気に(健康に)する」「職場の環境をよくし仕事の効率をあげる」といったものが多かったことです。
政策面でも、「生産性向上」や「働き方改革」「健康経営」が推奨されていますが、ピザの会のコンテストでの事業テーマは、これを「食べ物で社員が健康に!」「ヨガで未病を解消」「アロマの香りで職場の生産性アップ」というように、ITやツールによるものとは異なる視点で、自身の体験をもとに身近なところで効果を実感しているもので、根っこには「人々に健康で幸せになってほしい」という熱い想いがつまったものばかりでした。プレゼンの熱意に惹かれて、会場からも熱い質問が相次ぎました。

男性の多い政治家や行政ではあまり重視されないこれらのテーマが、実はほんとの意味での「人々の幸せ」につながる、働き方改革・生産性に効果を発揮するのではと、私も感じます。
「イノベーションには多様性が必要」というのは、こういうところにも表れているように思います。

書評に書いていただきました!

IMG_20190907_004831IMG_20190907_0048474月に出版した著書「働き方を会社にまかせない」〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜を、中小企業診断士の全国版会報誌である「企業診断ニュース」の書評で取り上げていただきました。とても、適切なコメントをいただき、感謝、感謝です! 
4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_まだ、拙著をお読みでない方も、よかったらAmazonでポチっとして、読んでみてください。

第15回ビジネスプランコンテスト 応募プラン募集中!

contest2018-4大阪の女性中小企業診断士の会「ピザの会」では、毎年ビジネスプランコンテストを主催しています。
自治体や金融機関などの大規模なものとは違って、私的なコンテストですが、毎年、金賞10万円、銀賞5万円を、ピザの会メンバーが出しています。
今年で、15回目(15年目)になります。結構長く続いています。

ということで、今年も皆さんの魅力的な事業のご応募をお待ちしています。
応募要領や応募様式、これまでの開催の様子など、詳しくは、ピザの会の公式サイト(http://www.w-pizza.com/contest.html)をご覧ください。

contest2018-1contest2018-3

「鐵の町」の若手後継者グループの勉強会に参加!

【鐵の町の後継者たちの勉強会】
昨日は、大阪府よろず支援拠点でこんな取り組みをご支援しました。。
鐵の町九条の町工場の若手後継者の自主活動グループ「てづくり工場組合」は、これまで「ガイアの夜明け」にも取り上げられたユニークな活動を行っています。
自分たちが「経営者たる」べく活動するための問題点やその改善点について、グループワークをしながら夜遅くまで熱心に議論する姿に、支援する側の方が心強く感じ、また元気をもらいました。

65771711_2350591895259908_8149952782078574592_n
IMG_20190626_200710
※写真にあるように、大きいサイズのポストイットカードを準備するように伝えたところ、「アス〇ル」で発注したら、G20の影響で配送が遅れ「明日(つまり当日)来なかった」というメンバーもいて、こんなところにも影響が…

夜遅くまで、熱心な議論のあと、近くのお店でお疲れ様の乾杯! すっかり夜が更けて、ガラガラの阪神高速をTAXIで帰ることとなりました^−^
けど、ほんと彼らは、よく勉強していて、また自分の会社の将来、そして地域の産業の将来をしっかり考えています。素晴らしい後継者たちです!

女性社員向けキャリアアップ講座を開催!

64316000_2701072356634742_4379717325851459584_o
先週になりますが、十数年継続させていただいている女性職員向け研修を今年もさせていただきました。実は、この研修プログラムは、先日出版した「働き方を会社にまかせない」の元ネタになっています。
自分自身のキャリア開発を「会社にまかせない」で、自分自身で主体的に考えよう。そして、その考え方や手順は、経営者が自社の戦略を考えるのと同じですよ。というのが、この研修の一番のコンセプトです。
そのために、職場やプライベートの周りの方々から、自分がどう評価されているか、何を期待されているか(つまりニーズ)にも目を向けたりもします。
毎日、同じ職場で仕事をしていると、その範囲の中で物事を考えがちですが、視野を広げていただくのも目的のひとつです。
参加者の多くが、「自分たちは事務職」と思っていたところに「戦力として営業成績も求められる」ように会社の方針が変わってきたことに、自分がどう対応すべきか、悩んでいるところでもありました。

いつの時代もそうですが、社会に出て40年くらい(これからはもっと長く)仕事を続けると、同じ環境で同じ仕事が続くということはあり得ないんだよ、ということに気づいてもらい、自分自身が主体的に人生を考えるきっかけになってくれたかな?

主催者からは、今回から著書を教材として採用いただきました。感謝(^_^)

学生の目から見た「企業」と「人材」

大学 少し前のことになるが、大阪府内の某大学で特別講義をさせていただいた。
講座名は「現代産業論」と大きいが、私へのリクエストは「現代の企業経営をとりまく問題およびそれに対する企業の対応」について、そして「中小企業診断士」という資格や仕事の内容についても少し紹介して欲しいというものであった。

まず、「企業とは何か」という問いかけをすると、「モノを売って儲けるところ」「ヒトが集まって仕事をするところ」といった回答が返ってくる。就活を控えた学生から見た「素」の企業像である。

そこで、今回は、少子高齢化、人手不足といわれるように「ヒト」に注目が集まる時代なんだよということで、経営資源の中でも「ヒト」に焦点をあててお話をした。
「人財」「人材」「人在」「人罪」という話。また、バイトテロやコンビニの24時間営業など、身近な話題も取り上げた。

授業終了後の出席者のレポートから感想を拾って紹介すると、
・これまで就職先として中小企業より大企業の方がいいと思っていたが、自分が人材として活躍できるのは中小企業の方がいいかもと思った(別に私はそうは勧めていませんが・・)
・今のバイト先では、社員や先輩の中に「人在(いるだけの人、言われた仕事をするだけの人)」が多いと思った。自分は「人材」以上になりたいと思った

一方では、
・レオ〇レスのような不正が社内で起きたとき、自分は間違いに気づいても上司に逆らう意見をはっきり言うことはできないと感じた(きわめて正直な感想だけど・・)
・バイト先に外国人が増えたが、多くは留学生で、自分の目から見て彼らは「過労(働きすぎ)」です 
また、コンビニで深夜バイトをしている学生からは、
・いつでも開いているという安心感という意味で重要な役割を果たしていて、急な残業で終電がなくなりひ食料や歯ブラシを買いにくる人もいるので役だっていると感じている。だから、24時間営業廃止には反対
といった正直で貴重な意見もあった。

授業中に積極的に発言することは少ない学生たちも、ひとりひとりは、自分の目線で結構しっかり考えていて、私が伝えたかったことは、概ね伝わったようでひと安心した。

そして、一番反応が多かったのは「人材」のくだりで、自分は「人財」を目指す、「人在」にはなりたくないという意見が多数あった。こういう学生を本当に「人財」に育てていくのが、経営者や先輩の責任だな。

最後に、「先生の話は、優しい口調で聞きやすく分かりやすかった」という感想をいただき、ホッと和ませていただいた。

人生は積分!

4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_ 先日、出版した拙著「働き方を会社にまかせない〜これからの時代の自分らしいを創るために〜」を読んでいただいた方から、感想をきかせていただいたり、メールなどをいただく機会がありまして…
年代の違う3人の方から、心に残ったと言っていただいたのが「積分で考える人生」のくだりでした。
私たちは、若い時、元気な時は、短時間でいかに多くのことができるか、つまり瞬間最大風速のような「微分」で自分の能力を測りがちです。しかし、人生全体を考えたとき、瞬間的に大きな力を発揮できないときも、また、体力が十分でないときも、すべては自分のキャリアの一部であり、通ってきた経験値全体、つまり「積分」の面積でキャリアを考えることで、育児や介護で時にはペースダウンすることも、プラスに変えていけるという趣旨のことを書かせていただいています。
賛同いただける方の声が複数いただけたことは、とっても嬉しく心強いです。
と、書いていたら、著書のテーマのきっかけになった「女性社員のキャリア研修」のクライアントから、今年の研修では、本著を教材として買っていただけるとの連絡をいただきました。
ありがとうございます^−^
皆さんもよかったら、ぜひ!
https://amzn.to/2FRv1kz

「終身雇用」の終焉?

先日の経団連会長の「終身雇用なんてもう守れない」発言に続いて、今度は、トヨタの社長が「終身雇用守るの難しい」と、“限界”発言をされました。
「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示し、一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べられたようです。
http://news.livedoor.com/article/detail/16452977/

働く人たちにとっては、経営者(強者)の身勝手な論理と受け取るフシもあるかも知れませんが、私は、働く人たち(私たちひとりひとり)が、自分の働き方を見直し、自分の人生設計を自分の手に取り戻すチャンスと捉えたいと思っています。

そもそも「終身雇用」「年功序列」の蚊帳の外にいた女性だから、蚊帳の中の人よりは早く気付いたのかも分かりませんが、「自分の働き方は自分で決めたい」し、決めるべきだと考えます。

4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_
先日出版した、著書「働き方を会社にまかせない~〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜」は、このことを皆さんに伝えたくて書いたものです。
よかったら、Amazonでポチっとしてみてください!
→ https://amzn.to/2FRv1kz

【出版のお知らせ】働き方を会社にまかせない〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜

4127Eede9xL._SX344_BO1,204,203,200_『働き方を会社にまかせない〜これからの時代の「自分らしい」を創るために〜』 というタイトルの書籍を、Amazon「オンデマンド(ペーパーバック)」で出版しました。

「働き方改革」の時代は、「自分の働き方やキャリアを自分で決める」時代! 
中小企業診断士が経営とキャリアを磨くことの共通点に着目し、誰もが自分の人生の経営者として、経営者の視点でキャリアについて考えることを分かりやすく述べた書 という内容の本です。

これまでに研修や相談などでお伝えしてきた内容をまとめる機会をいただき、出版にこぎつけました。
企業や組織の中で働く方にも、また、自分で独立・起業して働く方にも、あるいは、副業・複業を持つ方にも、キャリアの考え方の参考にしていただければと思います。

ぜひ、ご一読ください!
https://amzn.to/2FRv1kz  (Amazonのサイト)から購入いただけます。
本の内容に準じた研修・セミナーも喜んで承ります^−^

※補足:「オンデマンド(ペーパーバック)」は、普通の本とほとんど変わらない紙の本ですが、文字通り本の内容データのみをアマゾンが保持していて、注文が入ったら(オンデマンド)一冊一冊印刷して、購入者に送るシステムです。
普通の出版のように、数千冊、数万冊と出版社が印刷して保管だ配送だ返品だとしたりせず、注文が入ってから一冊ずつ印刷する、という、ある意味「エコな出版システム」なのです。
勧めてくれたベンチャー企業の応援の気持ちもあって、今回の企画となりました。

皆さん、下記サイトからのご注文、応援よろしくお願いいたします^−^

https://amzn.to/2FRv1kz

「令和」はどんな時代に?!

reiwa新元号が「令和」と決まって、改めて私にとっての「昭和」「平成」を振り返りながら考えた。

昭和は、私にとって高度成長とともに育ち、成長した時代だった。
「ALWAYS 三丁目の夕日」に描かれているような子ども時代、小学4年生の時に東京オリンピック、高校に入学した年が大阪万博と、高度成長時代の夢のある経済成長を満喫し、これからはコンピュータの時代だと、理系クラスから理系の学部に進学した。
卒業後は、システム会社に就職。子育てとの両立を目指して、長男出産後も仕事を続けた。女性の働き方は、今より限定的で様々な不均等待遇もあったが、逆に、1985年の男女雇用機会均等法とともに男性のような働き方はできないと退職。フリーランスのはしり(?)となった。
システムをもっと経営の役に立つように提案しなければと思い、「中小企業診断士」の資格と出会ったのが昭和の最後。昭和63年に1次試験に合格した。

平成元年に、消費税導入とともに二男を出産(当時は、出産にも「消費」税がかかった)。そして、翌年2次試験に合格、晴れて診断士登録となった。女性診断士が、今よりさらに少ない時代。「女性」×「情報部門診断士」はそれなりに希少価値があり、登録から5年目で大阪の診断協会の理事の一員に入れていただいた。平成の最初の約20年間は、仕事と子育てを自分なりにこなすのが精一杯で、自分としては一番忙しく、けど充実した時代だったと思う。夫の実家への帰省、息子たちの将棋の大会や野球の試合の応援で、あちこちに行けたけど、家族そろって自由な旅行には行けなかった。
二男が、大学に入って下宿生活を始めたころから、子育てとの両立の「タガ」が外れ、仕事の比率が拡大。調子にのっていたら、平成24年、早期退職で第2の人生の緒に就いたばかりの夫が病に倒れ、私の仕事もセーブし闘病克服を目指したが、翌年無念にも帰らぬ人となってしまった。

平成最後の数年は、自分自身年齢的にも健康には気を配るようになったが、今までで一番自分の好きなように時間を使える状況にある。仕事では、よろず支援拠点の立ち上げから今も継続させていただいているし、自分なりの考えを文字にする機会もいただいた。プライベートでは、自分の老後ののため、自宅を新築・転居したし、二男が結婚・出産し孫が誕生した。
私にとっての平成は、国の経済は低成長だが、個人的には幸い災害を被ることもなく、仕事と家族のため、そして最近では自分のために、多忙だがそれなりに充実した時代だったと言える。仕事でご一緒させていただいた方にも家族にも、改めて感謝しなければと思う。

そして、来月から「令和」。夏には、平成元年生れの両親をもつ、令和元年生れの孫が誕生する予定で、楽しみが増えそうだが、孫たちのためにも、平和で穏やかなそして多くの人々が幸せを感じられる時代になって欲しいと切に願う。
そのためには、昭和のシステムから脱しきれずにもがいた平成よりも、新たに人類の存続のための持続可能な仕組みを構築することが求められるように思う。自然環境もエネルギーもしかり。人間社会の仕組みもしかり。
私自身は、その活動にどれだけ参画できるか、いつまで活動できるかは定かではないが、3つ目の元号の時代を受け身にならずに、生きられたらなと思っている。
 
プロフィール

kits3104

企業の経営とIT・人材育成・キャリア開発について、中小企業の経営者や起業家の皆さまを全力で支援する、不安を安心に変えるあなたのビジネスパートナー

オフィスKITS 代表 北口祐規子(中小企業診断士・ITコーディネータ)です。

皆さんのお便りお待ちしています。

Twitterサイト
ツイッター
足あと

    ご訪問ありがとうございました  ^-^

    記事検索
    コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ